初心者のゴルフ練習法 鏡の前で素振りです

こんにちはH:Uです。

ゴルフ初心者のあなた。

だいぶ当たるようになってきましたか?

前回記事→石川遼でゴルフ開眼

私は石川遼クンのおかげで、たまにはドライバーが真っすぐ当たるようになりました。

その代償として沢山の師匠の教えを無視するという十字架を背負いましたが、今では打ちっ放し番長と言われております。

そんな私の経験をもとに、ゴルフクラブを持ったばかりの初心者のあなたに、おすすめしたい練習法を紹介します。

スポンサーリンク
レクタングル大

初心者におすすめ!一番最初の練習方法

  1. 鏡の前で憧れのプロゴルファーのスイングを真似する。
  2. GDOのスイング動画を参考にするのがおすすめ。
  3. ひたすら鏡の前でゆっくり素振り。
  4. 師匠の言葉や雑誌のレッスン書には目もくれない。
  5. 憧れのプロゴルファーっぽくなってきたら練習場へGo!

それでは憧れのプロゴルファーに成りきるポイント。

アドレス→トップ→インパクト→フィニッシュこの4つの形を体に叩き込みます。

最初は一連の流れではなくてもOKです。

アドレスの形、トップの形、インパクトの形、フィニッシュの形を鏡のまえでチェックします。

人それぞれですが、最初は太もも、腰、胸、肩、腕など、色々な所がちょっと痛いと思われます。

この痛さをストレッチのつもりで我慢してください。

4つのポーズが憧れに近づいたら一連の流れに挑戦します。

鏡を見ながら、アドレス→トップ(止める)→インパクト(止める)→フィニッシュが良いと思います。

ここで焦って力強く早く振っては行けません。

力んで早く振るほど憧れのスイングは遠ざかります。

ここまでくると、何か握っていないと違和感あります。

私の場合は最初は新聞丸めて握ってましたが、ちょっと軽すぎて違和感あるので

二木ゴルフで素振り用の短めで重めの棒を買いました。

狭いアパートなのでゴルフクラブなんか振り回したら殺人事件になりかねません。

関連記事→自宅で練習できる素振り器具「ダイヤスイング525」

この一連の素振りはゆっくり行います。ゆっくりって人それぞれなので、

「鏡でアドレス、トップ、インパクト、フィニッシュの形がはっきり確認できるくらいのスピード」です。

これ、そうとう遅いです。でもそれでいいんです。

早く振るとバランス崩れても振り切れますが、ゆっくり振ってる時にバランス悪いとグラついてフィニッシュまで行けません。バランスを鍛えられます。

家族に見られたら、何やってんの?って白い眼でみられる奇妙な動きになります。

その家族から「プロゴルファーっぽくなってきた~」って言われたら次のステップです。

いざ。練習場へ!!

次回の記事→初心者のゴルフ練習法 まずはクラブにボールを当てましょう

にほんブログ村 ゴルフブログへ
スポンサーリンク
レクタングル大
レクタングル大

いいね!

フォローする