初心者のゴルフ練習法 まずはクラブにボールを当てましょう

こんにちは。H:Uです。

最近ゴルフを始めたあなた。

憧れのプロゴルファー目指して鏡の前でゆっくり素振りしてますか?

前回関連記事→初心者のゴルフ練習法 鏡の前で素振りです

スポンサーリンク
レクタングル大

素振りがプロゴルファーっぽくなったら練習場へ。

アドレスからフィニッシュの態勢まで、ゆっく~り振ってもバランスを保っていられるようになったらちょっとづつスイングスピードを上げましょう。

インパクトからフィニッシュの間が一番速くなるようにします。

何度も何度もかっこいいスイングを目指して素振りしてください。

徐々にカッコいいスイングのまま、実際に打つスピードで素振りできるようになってきます。

そして、「憧れのプロゴルファーっぽい」と思ったら、練習場へ行きましょう。

練習場では準備運動から始めましょう。

練習場についたらトイレに行きます。

用を足したら、トイレの鏡の前でいつものゆっくり素振りを数回します。

その後5分間はストレッチをします。あわてずゆっくり。ヨガの先生になったつもりで。

そして、憧れのプロゴルファーのスイングをひたすら頭にイメージします。

いよいよ打ってみます。

さぁ。鏡の前で素振りしたイメージのクラブを手に取ります。

「最初は7番アイアンか9番アイアンで」とか書物でよく目にしますが、

そんなことはどうでもいいです。

ドライバーならドライバー。アイアンならアイアン。

自宅で練習した通りに連続で10回くらい素振りします。

力んで振ってはいけません。

美しいスイングの結果がナイスショットなのです。

ボールを打つためのスイングだとどうしても力が入ります。

何度も言いますが、美しくカッコいいスイングが全てです。

さぁ。ボールだけを見つめて。プロゴルファーに成りきって。いざ!一発目!

あなたの結果は?

  1. 空振り。ドンマイ。慌てず深呼吸してもう一回。
  2. ダフッてゴロ。ほとんどこれだと思います。
  3. トップでゴロ。もしくは地を這うライナー。これも多いです。
  4. シャンクして右にゴロ
  5. ダフッりもトップも無いけど変な感じ。もう少しでいい感じです。
  6. 飛んだけど右にスライス。いい感じです。
  7. 飛んだけど左にフック。いい感じです。
  8. ナイスショット。あなたは天才です。

一発打つたびに深呼吸して憧れのプロゴルファーのイメージを取り戻してください。

軽く素振りでイメージ出すことも重要です。

それを何発も繰り返して打ってみて下さい。

さて、自分の打球の傾向が見えてきたでしょうか?

たまにはナイスショット出ませんか?

そうですか。ナイスショットはほとんど出ませんか。

そうですよね。ゴルフはそんなに甘くないですよね。

いきなり打ちっ放しで上手く打てたら誰もがプロゴルファーに成れてしまいますので、

めげずに頑張りましょう!

今の段階では、ナイスショットを目指すよりも、

「自分の基準になるスイングを作ること」が重要です。

スライスならスライス、フックならフックで全然OKです。

それと、自宅での素振りトレーニングも必ず継続してくださいね。

次回の記事→初心者のゴルフ練習法 自分の基準となるスイング作り

にほんブログ村 ゴルフブログへ
スポンサーリンク
レクタングル大
レクタングル大

いいね!

フォローする