ゴルフ初心者におすすめ!自宅で練習できる素振り器具「ダイヤスイング525」

こんにちは。H:Uです。

前回おすすめした初心者練習方法で「家で鏡を見ながら素振り」を連呼しました。

そこで、おすすめの素振りアイテムがありますので、紹介します。

関連記事→初心者のゴルフ練習法 鏡の前で素振りです

スポンサーリンク
レクタングル大

ダイヤコーポレーション製「ダイヤスイング525」

全長約70cm、重量約583g。

先が重くなっております。

持った感じはけっこうなの重量感があります。

長さは70cmで素振りにはちょうどいい長さ。自宅でもオフィスでも、屋内で振り回せます。

一応、万一の事故防止の為でしょうか、先っぽがスポンジ状の柔らか素材で覆われております。

初心者の素振り練習&トレーニングに効果的

これを手に持って前回力説した「鏡の前でゆっくり素振り」をすると、

ゴルフに必要なストレッチと筋トレ効果も期待できます。

ゴルフスイングは意外と普段は使わない筋肉や関節の動きがあります。

これだけの重量があると、そこが自然と鍛えられます。

ただし、今はスイングの形を作る時期なので、スイングスピードを上げてパワーアップは考えないでください。

憧れのプロゴルファーのスイングが遠ざかります。

どちらかというとストレッチ効果で柔軟性のアップを意識してください。

これ、剣道や野球の素振りなど、ゴルフ以外のトレーニングにも役に立つかもしれません。

自宅練習でもレベルアップ出来る工夫があります。

こいつはただの棒じゃありません。

先っぽに工夫があります。

ヘッドスピードが最速になったポイントで「カチっ」て鳴ります。

たぶん最初はボール位置のかなり前で「カチっ」鳴ると思います。

この「カチっ」がちょうどボールの位置で鳴ると100点満点だそうです。

メーカーの説明にはそのように書いてますが、私はボールを通り越したあたりで「カチっ」て鳴ると、いい感じで振れてる気がします。

良い所でカチッと鳴らすコツみたいなことがメーカーの説明には書いてますが、またややこしいゴルフ理論が出てきて混乱するので、ここでは割愛致します。難しく考えずにインパクトあたりで早く振れば良いだけです。

正しい位置で鳴らす練習をしていると、自然と飛距離もアップしそうですよ。

ただし、それは憧れのスイングの土台が出来てからです。

練習もやりすぎは禁物です

ちなみに、私はゴルフ練習が原因で背中側の肋骨にひびが入ったことがあります。

「肺の辺りに、去年は無かったでっかい影がある!」

毎年の健康診断でレントゲンとった時に医者と大騒ぎしました。

そう言えば、数か月前くらいに背中凝って痛いんだよなぁ~って時期が1~2か月あったかもしれません。

整形外科で輪切りレントゲン見て、やっぱり肺じゃなくて骨にヒビ入って治った跡でしたっていうオチで一件落着。

私の体で石川遼クンのスイングの真似をするには負担がかかりすぎたようです。

これをもう少し早く買っていれば徐々に先に筋力と柔軟性が鍛えられて

ヒビなんか入らずに済んだかもしれません。

お値段も割とリーズナブルなので、練習場一回お休みしてこれを買っ自宅で素振りもいいかもしれませんよ!?

↓こちらから購入できます。

にほんブログ村 ゴルフブログへ
スポンサーリンク
レクタングル大
レクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする