初心者のゴルフ練習法 自分の基準となるスイング作り

こんにちは。H:Uです。

初心者のうちは練習場ではなかなか上手く打てないと思いかもしれません。

しかし、これはどんな上級者も必ず通った道なので、挫けてはいけません。

前回関連記事→初心者のゴルフ練習法 まずはクラブにボールを当てましょう

まず、あなたのスイングの傾向が見えてきたでしょうか?

  1. 空振り
  2. ダフッてゴロ
  3. トップでゴロ。もしくは地を這うライナー。
  4. シャンクして右にゴロ
  5. ダフリもトップも無いけど変な感じ
  6. 飛んだけど右にスライス。
  7. 飛んだけど左にフック。
  8. ナイスショット。

⑤~⑧のあなた。

素振りの効果がばっちり出てます。

スイングのイメージを変えずに何度も同じように打ってください。

ダフリ、スライス、トップ、空振り等、一定の傾向が無いというあなた。

「左に転がっていったから、右狙えば真っすぐいくかな?」

「右にスライスしたから左に引っ張ってみよう」は特に厳禁です。

今出来ることは、ボールだけを見つめてイメージしたプロゴルファーのスイングをするだけです。

さらに、ここでヤケクソになってはいけません。

何も考えずに特打ちしてもボール代がもったいないので、あれこれやってみます。

その1。憧れのプロゴルファーのスイングを捨てて、無意識に打ってみる。

これでまともに当たるようになったら、ならあなたのスイングの基準はこれでOKです。

さんざん自宅でやった素振りでイメージ通りのスイングは出来ているはずなので

無意識に打つことによって、余計な動きが省かれて良い感じになっていると思います。

試に、鏡の前で無意識にスイングしても、今までとそんなに変わらないはずです。

そのスイングにイメージチェンジして突き進んでください。

その2。クラブを変える。

同じイメージ、同じ打ち方でクラブを変えてみます。

ドライバーならアイアンへ、アイアンならドライバーへ。

変えてまともに打てるようになったらそのクラブでひたすら練習してください。

その3。ハーフスイングで打ってみる。

ハーフスイングって私が思うに上級者向けです。

なぜなら、初心者がフルショットばっかり練習していると、ハーフスイングが出来ません。

これでちゃんと打てたら鏡の前で素振り効果がばっちり出ています。

このままハーフスイングで打ちまくってください。

その4。クラブのせいにして新しいのを買いに行く

経済的に余裕のある方はこれもアリです。

新しいクラブを手に入れることによってテンションが上がり、練習にも熱が入ります。

ただし、現段階でちゃんと打てないのは絶対にクラブのせいではありません。

個人的にはあまりお勧めしません。

これでも自分の打球の傾向が一定にならない場合

美しくカッコいいスイング作りがまだ出来てない可能性が高いです。

自宅での素振り練習を強化して下さい。

関連記事→初心者のゴルフ練習法 鏡の前で素振りです

「プロゴルファー スイング動画」で検索すると、美しくてカッコいいプロゴルファーのスイング動画がたくさん出てきますので、是非参考にして下さい。

打つ前には必ずプロゴルファーのナイスショットイメージと深呼吸をしてくださいね。

つぎの記事では、あなたの球筋の傾向に合わせて原因と対策を考えます。

次の記事→初心者のゴルフ練習法 空振りの原因と対策

にほんブログ村 ゴルフブログへ
スポンサーリンク
レクタングル大
レクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル大