ONOFF(オノフ)AKA(赤)2018ドライバー 飛距離と口コミ評価・試打レビュー

現在使用中のコブラS2ドライバーもかなり古いモデル。最新ドライバーの飛距離を求めて、ドライバーを試打しまくってます。今回はオノフ赤ドライバーの試打をしましたのでレビューします。

前作のモデルはこちら↓
ONOFF(オノフ)AKA(アカ)ドライバー口コミ評価・試打レビュー

新作AKAオノフクラブ試打はこちら↓
ONOFF AKA/オノフ 赤 2018フェアウェイウッド 飛距離と口コミ評価・試打レビュー 
ONOFF AKA/オノフ 赤 2018ユーティリティ 飛距離と口コミ評価・試打レビュー
ONOFF AKA / オノフ 赤 2018アイアン 飛距離と口コミ評価・試打レビュー

スポンサーリンク
レクタングル大

オノフ赤ドライバーの飛距離と口コミ評価・試打レビュー

去年とのデザインはの違いは四角い部分が斜めだったのが縦になりましたね。あと、赤オノフのなのにクラウンが濃紺です。

ONOFF AKA DRIVER/オノフ赤ドライバーの概要

オノフ公式ホームページより赤ドライバーの概要を調べました。
参照元:https://onoff.globeride.co.jp/club/aka/driver/index.html

前に強く飛ばせて、方向性、飛距離のバラツキが少ない安定したハイドローの弾道をオートマチックに生み出す、洗練されたデザインのオノフドライバー 赤。

飛びを進化させる赤専用のパワートレンチ
たわみ、復元することでボールを押し出し、更なる飛距離アップと、フェース全域を高初速エリアに変え、オフセンターヒットによる飛距離ロスの軽減化を実現することで、飛びとやさしさを実現する赤ドライバー専用のパワートレンチ。

たわみのエネルギーを飛びに変えるパワートレンチボール初速がアップし、飛ばせる
ソールとクラウンに施されたパワートレンチが、インパクト時に前モデル以上にたわみ、復元することでボールを強く押し出し、ボールの初速をアップし飛距離性能の向上を実現。

たわみのエネルギーをやさしさに変えるパワートレンチ。オフセンターヒットでも飛ばせるやさしいクラブ
ソールとクラウンに施されたパワートレンチにより、インパクト時にフェース全体が均一にたわみ、復元することで、反発エリアが拡大され、オフセンターヒット(芯をはずしてしまったミスショット)でも飛距離ダウンを軽減するやさしいクラブを実現しました。
・クラウントレンチは、深く、長いパワートレンチを外側に配置し、前モデルよりたわみ、復元力を向上させ、さらなる初速アップを実現。
・ソールトレンチは、リーディングエッジに近く、平行に配置し、前モデル以上に、フェース全体が均一にたわみやすい形状、構造にすることで芯をはずしてしまったミスショットでの飛距離ダウンをさらに軽減。

飛びを進化させる赤専用のニューワイドハイパーエフェクトフェース

従来の圧延6-4チタンのH字型リブ構造によるフェースを、高強度、高弾性 “LD433プラスチタン” のV字型リブ構造のフェースにすることでアベレージゴルファーでも最大飛距離を生み出す、 「ニューワイドハイパーエフェクトフェース」を開発。反発性能をアップさせただけでなく、反発領域も大幅に拡がり、パワートレンチとの相乗効果で打点が不安定になりがちなゴルファーにも安定した大きな飛距離をもたらします。

やさしさを生み出すグラビティコントロール設計
クラウン内側の形状を進化させることと、フェースに高強度、高弾性の新素材 “LD433プラスチタン” を使用し、フェース裏面構造も進化させることで、フェースとクラウンの4g軽量化を実現。最適重心設計のために生み出されたこの4gの重量を再配分することで、さらなる低重心化、深重心化、重心アングルをアップし、高打ち出しで、よりオートマチックにボールがつかまりさらにやさしく飛ばせるドライバーを実現しました。

構えやすい大型ヘッド & こだわりの打球感と打球音

クラウンは、パワートレンチを境界にして変化させた2トーンのカラーデザイン。ボールの位置と方向性をイメージしやすいトップマーク。フェース面が見え、ロフトを感じやすく、安心感とやさしさを感じさせる構えやすい大型ヘッドのドライバーです。また、ヘッド内部のクラウンとソールに配置されたサウンドスパインにより、心地よい爽快な打球感と打球音を演出しています。

安定したスピン性能を実現するフェース面仕上げ
フェース全面にミーリングすることで、打点ブレや雨天時の水滴などによるスピン量のバラツキを抑え、スピン性能を安定させることで、安定した大きな飛距離を生み出します。

大きな飛び、つかまり、高打ち出しを可能にし、振りやすさがアップした赤シリーズのためのはしり系シャフト
つかまりのいい赤ドライバーヘッドとのマッチングを追及し、ハイドローの強弾道を実現するために開発されたDAIWAのカーボンテクノロジーが生み出すオリジナルシャフト。スリム化により空気抵抗を削減し、ヘッドスピードもアップさせます。飛ばす機能だけでなく、先端部のはしり感を活かしたまま、ねじれだけを抑える設計を施すことで、インパクト時の衝撃によるあたり負けや打点ブレによるフェース面のブレを抑え、方向安定性にもすぐれています。またクラブの振りやすさにもこだわり、素直なしなりで気持ちよく振り抜けるシャフトです。

2018ONOFF AKA/オノフ赤ドライバーの飛距離と口コミ評価・試打レビュー

2018年赤オノフ、ロフトは9度、10度、11度の3種類設定があります。

試打クラブは10度、長さ45.75インチ、純正シャフトのSR(クラブ重量51g、トルク5.3)になります。なぜかフレックスSが無かったので。

私は165cm55kg、平均スコア100、ドライバーヘッドスピード43前後の非力系アマチュアゴルファーなので、そこらへんを踏まえてレビューを読んでください。

まずワッグル。軽くて柔らかい印象です。クラブ重量291gなので私にはちょうどいい位かなともおもいましたが、バランスもD1.5で普通です。派手な色が軽く感じさせる錯覚でもあるのでしょうか。

構えてみると、赤オノフなのにクラウンが濃紺でツートンカラーです。この辺はオノフも冒険してきましたね。何色オノフ?って感じです。

テーラーメイドのシルバー/ダークブルーのバージョンですね。

フェースはちょっとフックっぽい。カタログを見ると、ロフト10度は1度フックフェースになっているようです。

打感は良いですね。芯を食うとシュパーン!と良い音を鳴らして早い初速で飛んで行きます。

シャフトが柔らかいせいか球も上がりやすいですね。

計測値で最大飛距離239ヤード。前作は240行ったんですが、誤差の範囲でしょう。

やさしいドライバーで、ちょっと芯を外しても飛距離は10~20ヤードくらいしか落ちません。

打感も少し硬いかな?くらいであまり影響ないようです。

完全にドロー打ってくださいってヘッドです。

持ち球がドローなので、力むと左が怖いですね。逆にスライスはほとんど出ないです。

もう少し安心して叩けるドライバーが欲しいなぁ。シャフトSならまた結果が違ったかもしれません。

にほんブログ村 ゴルフブログへ
スポンサーリンク
レクタングル大
レクタングル大

いいね!

フォローする

↓スライスに悩む方にお勧め↓

↓何が何でも100を切りたい方にお勧め↓

↓パットが苦手な方にお勧め↓