スポンサーリンク

タイトリスト Titleist T300アイアン 口コミ評価・試打レビュー

クラブ試打

最近先々代モデルのAP1というアイアンを使っているのですが、やっぱり気になる新型アイアン。
系譜はタイトリストでは優しい系のAP1の後継モデルT300アイアンを試打してきましたのでレビューします。

タイトリスト Titleist 2021モデルT300アイアン 口コミ評価・試打レビュー

タイトリスト最新モデルの2代目T300アイアンです。

公式サイトのクラブ紹介です。↓

タイトリスト 2021モデルT300アイアンの概要

進化したマックス インパクト 2.0が生むスコアアップへ導く、驚きの飛びとやさしさ。

ゲームインプルーブメントアイアン

ミッドサイズで安心感のあるプロファイルと、進化した肉厚フェースによって、驚きの飛びをフェースの広範囲で実現。大きな慣性モーメントから生まれる、直進性の高い精密なアイアン弾道と安定したキャリーが、グリーンをとらえベストゲームへと導きます。

Benefits
・高い打ち出し角による優れた飛距離性能
・高い許容性
・さらに向上した打感
・高級感のある仕上げ

Features
・40%増量した高比重タングステン(D18)※前作比
・進化したマックス インパクト 2.0
・バリアブルフェースデザイン
・ニッケルクロームメッキ(ミラー仕上げ)


パワーを内蔵したヘッド
T300のヘッド内部には、パワーの源が隠されています。新開発の高弾性ポリマーコアを使ったマックス インパクト 2.0を内蔵し、オフセンターヒット時のボール初速の低下を防ぎ、より良いインパクトを実現。これにより、さらに高い初速性能とより良い打感を実現しています。


高比重タングステンがトータル性能をアップ
新採用の高比重タングステン(D18)を前作比40%増量して内蔵。航空宇宙分野で採用されている特殊技術を用いて精密に配置しています。これにより、ボールスピード、打ち出し角、やさしさの最適なバランスを実現。さらに心地よい打感で打てる、先進的なアイアンに仕上がっています。


飛距離のバラつきを抑えるフェースデザイン
T300のロングアイアンとミドルアイアンでは、センターからヒールに向かって薄くなるバリアブルフェースデザインを採用。ヒール打点でのパフォーマンスを引き上げることで、フェース全体の安定性をアップ。飛距離のバラつきを最小限に抑えミスショットを防ぎます。

T300アイアンのスペック

タイトリスト Titleist T300アイアンの口コミ評価・試打レビュー

実際に新型T300アイアンを試打させてもらったのでレビューします。

優しいT300、上級者向けのT100、その中間のT200という位置づけは前モデルと同じですね。

T300はグースが大きめに付いていて捕まりが良さそうな印象があります。

シャフトラインナップは110g台スチールのN.S.PRO 105T、94.5g~106.5gスチールのN.S.PRO880AMC、カーボンの3D055となってます。重いの好き→105T、一般的なのが好き→880AMC、軽いのが良い→カーボン3D055という選択になりますね。

優しいモデルと言ってもさすがタイトリストなデザインで洗練されています。見た感じは数年前のVG3に似ているかな?テーラーメイド的なメカ感よりもシンプルがカッコいい!と感じる人はやっぱりタイトリストを選んでしまうと思います。

構えた感じのフェースの厚みもそこそこありますが、違和感があるほどの厚みはなく、上級者モデルよりはやさしく打てるように設計されているのかな?という感じです。

グリップもド定番のツアーベルベットラバーで安心です。グリップは好みで変更すればいいのですが、定番には定番の理由があって、ほとんどのクラブの純正グリップにツアーベルベットラバー360が使われているのは安くていいグリップだからでしょう。

試打クラブのシャフトは880AMCのフレックスSでした。とりあえずアイアンのシャフトは950使っとけば大丈夫という時代は終わったようです。

最近普段使いのAP1(後期モデル)と比べると、、、やっぱり似てますね。

構えた感じの落ち着き感、まずスライスはしないであろうグースの付き方、素振りした感じの重量感などは、タイトリストが自信をもってアマチュアゴルファーに送り出す簡単系アイアンだと思います。

ドライバーのヘッドスピードが43くらいの私ですが、

7番での測定値はキャリー148ヤード、ラン入れて160ヤード、弾道はAP1よりも2割増しで高めな感じです。

やっぱりスライスには強く、よっぽどミスヒットするか、インテンショナルにスライスさせるかしないとなかなかスライスは出づらいです。逆に引っ掛けとも言う予期せぬフックが出ることはままありそうです。

私だけかもしれませんが、スライスが怖くてスイングするより、引っ掛けが怖くて力抜いてゆったりスイングをした方が良い結果になることの方が多い気がしますのでそこは気にならないです。

このクラス、性格のクラブは各メーカーが気合いをいれて出していてなかなかの激戦区ですが、タイトリストが好き!やさしいアイアンで楽したい!という人にはベストなアイアンだと思います。すごく打ち易くていいクラブでした。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました