ONOFF AKA / オノフ アカ 2018アイアン 飛距離と口コミ評価・試打レビュー

現在愛用のコブラプロCBが10歳を迎え、古傷が目立ってきました。そろそろ買い替えも良い頃かなと、ショップのクラブを片っ端から試打してます。今回はオノフ赤アイアンを試打しましたのでレビューします。

スポンサーリンク
レクタングル大

ONOFF AKA/オノフ アカ アイアン 飛距離と口コミ評価試打レビュー

心にも体にもやさしそうなポケットキャビティアイアンですね。

オノフ赤アイアンの概要

ONOFFの公式ホームページからオノフ赤アイアンの概要を調べました。

新開発「ツイントレンチ」がたわみのエネルギーを飛距離に変える、オーソドックスな形状の飛び系アイアン、オノフアイアン 赤。

オノフ独自の新しいアイアン専用のツイントレンチ(溝)
飛び系アイアンを追及し続けるオノフ独自の新しいアイアン専用のトレンチ(溝)を設けたフェース。フェースを2段階の肉厚に設定し、Lカップフェース構造にすることで、実打球点の反発力を大幅にアップ。今まで以上にボールを強く押し出し、更なる飛距離アップを実現。特に、トップ気味のオフセンターヒットで飛距離のロスを低減します。

反発力をアップする2つの構造

・ツイントレンチフェース
ツイントレンチと、Lカップフェース構造で実打点エリアの反発性能をアップする独自の新フェース。

ハイリパルジョンソール × Lカップフェース構造
ソールのたわみで反発力と反発エリアを拡大し、大幅な飛距離アップを実現するソール構造と、フェース下部の反発エリアを拡げるLカップフェース。構造の相乗効果で、飛びとやさしさが大幅に向上

やさしさを生み出すグラビティコントロール設計
ボールがあがりやすく、ミスヒットでも飛距離ロスが少なくなるように、タングステンウエイトを貫通型にし、重量を増やしソール全体に配置することで、さらなる深·低重心化を実現。高打ち出しで、ボールがつかまり、やさしく飛ばせるアイアンを実現しました。

構えやすい大型ヘッド & こだわりの打球感と打球音
飛び系アイアンに見られる構えたときに違和感を感じさせる機能性優先のヘッド形状ではなく、安心して構えやすい、オーソドックスなヘッド形状にすることで、機能性とフィールを両立した飛び系アイアンを実現しました。やさしさを感じさせる、ボールを包み込むイメージのヘッド形状で、はじき感のある打球音とマイルドな打感を兼ね備えたアイアンを実現しました。

安定したスピン性能を実現するフェース面仕上げ
フェース全面にミーリングすることで、打点ブレや雨天時の水滴などによるスピン量のバラツキを抑え、スピン性能を安定させることで、安定した大きな飛距離を生み出します。

大きな飛び、つかまり、高打ち出しを可能にし、振りやすさがアップした赤シリーズのためのはしり系シャフト

番手ごとの振り心地が同じになるようにシャフト重量と、番手ごとにトルクを最適化した、完全番手別設計シャフト。先端部は、ねじれを抑える設計を施すことで、様々な状況から正確なショットが求められるアイアンのインパクト時のあたり負けなどによる方向のブレを抑え、方向安定性にもすぐれています。そのほかにも、シャフト先端にタングステンを含有させた素材を使用することでボールがあがりやすく、トゥダウンを抑制し、心地よい振り心地の実現、不快な打球時の振動を抑えるなど機能性にすぐれた、ヘッドとのマッチングを追及した、DAIWAのカーボンテクノロジーによるオリジナルシャフトです。またクラブの振りやすさにもこだわり、素直なしなりで気持ちよく振り抜けるシャフトです。

ZELOS 8
スチールの打感・方向性はそのままに軽さと飛距離を両立させた新ジャンルの軽量スチール「ゼロス8」。飛びとやさしさを融合させたヘッドと先調子の大きなしなりにより、大きな飛びと軽量化による操作性のアップを実現させました。
950GH HT
手元と先端の剛性を高めつつ、中間の剛性を低くし、中間のしなりで高弾道で飛ばせるアイアン専用軽量スチールシャフト。飛びとやさしさを融合させたヘッドとの相乗効果で、思いっきり叩けて止まる球筋で攻めることができます。

ONONFF AKA /オノフ アカ アイアンの試打レビュー

4番20度、5番23度、6番26度、7番29度、8番33度、9番38度、PW44度です。セットで買うと6番からの5本セットになります。極端じゃないですが、けっこうなストロングロフトですね。私の7番は34度なので1番手違います。

試打クラブは7番29度、シャフトはNS950のフレックスS、クラブ重量410g、バランスC9になります。

グリップを握ってフルフルとワッグルした感じは軽いです。

クラブ重量は400gを越えてきているのですが、バランスC9だからでしょうか。

一般的に、アイアンのバランスはD1~D2くらいが多い気がしますが、C9だとこんなもんでしょうか。1ポイントくらいの差だったらプロでも気づかないって聞いたことありますけどね。

構えた感じはこんな感じです。

すごいグースが付いています。ヘッドもなかなか大きめです。左に引っ掛けそうですね。

芯を食った時の打感は良いですね。やっぱりどこのメーカーもここは重点的に開発する釣頃でしょう。

パシ!と良い音がして高ーい打球でドローします。やっぱりつかまりは良すぎるくらい良いですね。

ミスすると、ポシ!って音になって弾道は変になりますが、方向があってればそれなりに飛んで行きます。みすに寛容なクラブですね。

飛距離は計測値で166ヤード。今のアイアンはストロングロフトなので飛びますね。それで球もしっかり上がるから凄いです。

私の6番とほぼ同じロフトですが、私のプロCBの6番じゃ166ヤードはなかなか飛びません。やっぱり飛距離性能は素晴らしいですね。

にほんブログ村 ゴルフブログへ
スポンサーリンク
レクタングル大
レクタングル大

いいね!

フォローする

↓スライスに悩む方にお勧め↓

↓何が何でも100を切りたい方にお勧め↓

↓パットが苦手な方にお勧め↓