本間ゴルフ(HONMA)TW747-460ドライバー 口コミ評価・試打レビュー

自分にぴったりのドライバー探し。10年選手のコブラS2を超えるドライバーになかなか巡り合えません。今回はホンマの新作TW747シリーズ460ドライバーと455ドライバーを試打してきましたのでレビューします。

関連記事→本間ゴルフ(HONMA)TW747-455ドライバー 口コミ評価・試打レビュー

スポンサーリンク
レクタングル大

ホンマ TW747 460ドライバー 口コミ評価・試打レビュー

今回の747シリーズは460ccと455ccの2種類がラインナップされています。まずは460の方からレビューします。

本間ゴルフの公式サイトでTW747-460ドライバーの概要を調べました。

HONMA TW747 460ドライバーの概要

THE高弾道&低スピンの爆発的な飛距離!

高初速×高弾道・低スピン=爆発的な飛距離

安心感とやさしさを追求した大型シャローバック形状

リブ付カーボンクラウン
業界初の新素材カーボン(ET40/東レ社製)を採用したクラウンが最薄・最軽量※を実現。内部にリブを配置することで、強度確保と最適なたわみを生む。
※クラウン部にカーボンを使用する1Wにおいて、カーボン部1㎠あたりの重量(g)および厚さ(mm)の対比
※厚さはリブ部分を除く
※2018年8月31日時点、当社調べ

4ファング・テクノロジー
「牙」を連想させるリブをフェース内に4か所配置。フェース周りの剛性をUPさせることで、広範囲に渡りフェース面の反発力を上げ、初速UPを実現。低重心設計モデル特有の上部打点時のドロップ現象も軽減。

ノン・ローテーティング・システム
付属のトルクレンチを使用し、シャフトを脱着・回転することなく、ライ角(最大+2°)、ロフト角(最大±1°)、F.A(最大±1.5°)の無段階調整が可能。SAKATAの徹底した品質管理が実現した、HONMA独自の優れた調角機能。

9.5度と10.5度の2種類がラインナップされています。

シャフトは純正で3種類ラインナップされています。ほかにもカスタムシャフトの選択が可能なので、自分にあったシャフトを探すことができます。

本間ゴルフ(HONMA)TW747 460ドライバーの飛距離と口コミ評価・試打レビュー

試打クラブは10.5度、VIZARD For TW747 50のフレックスS、重量54.5g中調子、クラブ重量308.5gのバランスD2.0になります。

ワッグルしてみると結構しっかりした感じがしますね。グリップは普通のラバーグリップ。気持ち細めのような気がします。

構えた感じはこんな風です。

けっこうなシャロー型ですね。安定感はありそうです。最近のドライバーはテーラーメイドに代表されるように個性的なクラウンが多いですが、シンプルに切れに塗装した真っ黒が私好みです。

じっさいに打ってみました。打感はやや硬め。パキっとした打音です。しっかりした打感ですね。

飛距離は最大で234ヤード、ヘッドスピード43位の私にしてはそこそこの距離でしょう。

ショップの人曰く、スピン量がかなり多いのでシャフトをもう少しハードにしたらもっと飛ぶとのことでした。

あれ?前に私のスイングにははシャフトは軽い方がいいと言われたんですがね。そこはドライバーとシャフトの相性なんでしょうか。

弾道と直進性は高いですね。低めフックが持ち球の私がややドローの高弾道がでました。店員曰く吹き上がってるそうですが・・・。ようはこのシャフトは私には合ってないってことですね。

シャフトが合って無くてこの飛距離なのでばっちりフィッティングしてもらったらよくなりそうです。デザインもシンプルで良いドライバーでした。

にほんブログ村 ゴルフブログへ
スポンサーリンク
レクタングル大
レクタングル大

いいね!

フォローする

↓スライスに悩む方にお勧め↓

↓何が何でも100を切りたい方にお勧め↓

↓パットが苦手な方にお勧め↓