PING(ピン)G410フェアウェイウッド 口コミ評価・試打レビュー

200ヤードショットのクラブ探し。今回は今年春に発売されたピンのG410フェアウェイウッドを試打してきましたのでレビューします。

スポンサーリンク
レクタングル大

PING(ピン)G410フェアウェイウッドの飛距離と口コミ評価・試打レビュー

デザインはドライバーをそのまま小さくした感じですね。クラウンのあの形状もほぼ一緒です。

参考記事→PING(ピン)G410ドライバーの口コミ評価・試打レビュー

今回も例によってPINGの公式サイトでG410フェアウェイウッドの概要を調べました。

ピン G410フェアウェイウッドの概要

PING史上最大の初速と飛び さらに飛びをPLUS。 G410 FAIRWAYWOOD

なんか気合い入ったHPですよ。「PING史上最大の飛び」ですからね。期待でそうです。

テクノロジー

飛びをPLUSテクノロジー
最大のたわみと初速を生み出すシャローなフォージドマレージングC300フェース。ソール広報部にウェイトを搭載した高MOIだから、ミスしてもブレない。

最もボールにパワーが伝わる理想的な重心位置へと進化。重心位置を約2%低くフェース寄りに配置することで、最大初速と飛距離を生み出します。

G410フェアウェイウッドには3つのラインナップがあります。

G410STDフェアウェイウッド 最大初速で飛ばす

G410SFTフェアウェイウッド 捕まえて飛ばす

G410LSTフェアウェイウッド 低スピンで飛ばす

自分のスタイルに合わせて選んだらいいですね。私はこれでしょう。

いちばんスタンダードなG410STDですね。番手は3番14.5度、5番17.5度、7番20.5度、9番23.5度となってます。ふつうのロフトより0.5度立ってますね。

シャフトもたくさん選べます

ALTA CB RED

PING TOUR 173-65

PING TOUR 173-75

ALTA DISTANZA

The ATTAS

Speeder EVOLUTION5

TENSEI CK Pro Orange

なんか聞いたことの無いシャフトもありますね。これだけラインナップがあればどれかは自分に合ったシャフトが見つかるでしょう。

PING G410フェアウェイウッド 飛距離と口コミ評価・試打レビュー

今回試打したのはG410STDフェアウェイウッドの5番17.5度、シャフトはドライバーの試打で良い結果がでたThe ATTASにしました。

私は165cm55kgヘッドスピード43平均スコア100のただのアマチュアゴルファーなのでそこを踏まえてレビューを読んでください。

構えた感じはこんな感じです。

うーん。やっぱりマッドブラック。なんか素っ気ない感じがするなぁ。塗装代ケチったみたいな。

これは好みですから否定するのは失礼ですね。

グリップを握ってワッグルしてみるとやっぱり私に合いそうなシャフトです。

打ってみるとドライバーの性格をそのまま引き継いだようなフェアウェイウッドです。

シュパっと柔らかい感触で高弾道ですね。持ち球通りの軽いドローがかかります。

つかまり仕様のG410SFTもありますが、STDでも十分つかまりは良く感じますね。

飛距離は210ヤード。例によって辛めの測定器なので実際には220ヤードくらい飛んでいるのではないかとのショップの店員さんの言葉。

やべーよ。そんなに飛ぶ5番ウッドなんて初めてだよ。しかも高弾道で気持ちいい。これは良いフェアウェイウッドです。

しかもやさしい。フェースの芯を外しても打感は気持ち悪いけどボールはしっかり飛んであまり飛距離ロスはしないですね。これの7番なら丁度私の欲しい200ヤードのショットが打てるのかな。

ほんとに良いフェアウェイウッドです。デザインが気に入れば・・・。

にほんブログ村 ゴルフブログへ
スポンサーリンク
レクタングル大
レクタングル大

いいね!

フォローする

↓スライスに悩む方にお勧め↓

↓何が何でも100を切りたい方にお勧め↓

↓パットが苦手な方にお勧め↓