Titleist(タイトリスト)917D3ドライバー口コミ評価・試打レビュー

現在使用しているドライバーはコブラのS2というクラブを使用しています。ちょっと古くなってきて、周りの仲間からも「最近のクラブは飛ぶよー」という声をよく聞きますので、タイトリストの917D3ドライバーを試打してきましたのでレビューします。

関連記事→タイトリスト917D2ドライバー試打レビュー

タイトリスト 917D3 ドライバー試打レビュー

いつものようにタイトリストのメーカーホームページより、917D3ドライバーの概要を調べました。

タイトリスト 917D3ドライバーの概要

一回り小さいヘッドサイズに、 飛距離・許容性・直進性を。
高い許容性を維持しながら抜群の操作性を併せもち、プレーヤーの意図通りの弾道を描きやすくなっています。中弾道の風に負けない強いボールで飛距離を伸ばしていけます。

PLAYER BENEFITS

フェースの広範囲で高初速!進化した鍛造フェース
タイトリスト独自のラジアル スピード鍛造フェース2.0。鍛造フェース部を拡大することで、アクティブ リコイル チャンネル™2.0との連動性がさらに良くなり、有効打点エリアが拡大。広範囲で高初速を生み出します。

さらに精密な調整機能を すべてのプレーヤーに
917Dに新たに搭載されたSURE FIT®CG は、ドロー・フェード ウェイトに入れ替えるだけで、ヘッドの重心をトウ・ヒール方向に移動できる革新的なシステムです。標準は、ニュートラル ウェイト(12g)を装着。付属されるドロー・フェード ウェイト(12g)で、プレーヤー自ら、手軽に交換できます。

引き締まった打音・打感
ヘッド内部のサウンドリブと丸みを帯びたヘッド設計によって、ツアープレーヤーが好む心地よい打音と打感を生み出しています。

ヘッド体積に応じた最適弾道性能
460ccの917D2は最高水準の高慣性モーメント効果を発揮し、常に安定した理想弾道を生み出します。ややコンパクトな440ccの917D3は高い慣性モーメントを発揮しながら、操作性を重視。かつ917D2に比べやや抑えた弾道とスピン量となっておりプレーヤーが意図する弾道を描きやすくなっています

TECHNOLOGY

SURE FIT® CG
SURE FIT® CGを調節することで、スイングや打点の状況に合わせてヘッドの重心をトウ、またはヒール方向に移動させることが可能。打点と重心を近づけることでさらに安定した弾道をもたらします。

Active Recoil Channel™ 2.0
タイトリスト独自のソールの溝、アクティブ リコイル チャンネル™を進化させ、その打出しの安定効果をさらに広範囲に広げることに成功。オフセンターヒット時にも、高いインパクト効率を実現し、大きなキャリーを可能にします。

Radial Speed Face 2.0
タイトリスト独自のラジアル スピード鍛造フェース。鍛造フェース部を拡大することで、アクティブ リコイル チャンネル™2.0との連動性がさらに良くなり、有効打点エリアが拡大。広範囲で高初速を生み出します。

SURE FIT® Hosel
タイトリスト独自のロフト角、ライ角2次元独立調整システムSURE FIT®Hoselを、917D、917F にも採用しています。プレーヤー自ら手軽に16通りの弾道調整が可能です。

917D3はヘッド体積440㏄です。シャフトラインナップも豊富で、純正のtitleist Speeder517、Dimana Bf、Speeder EVOLUTIONⅢ、Tour AD、ATTAS PUNCH、それぞれのシャフトを、約10g刻みで選択可能です。

ここまで調べたところ、917D2と、917D3の違いはヘッド体積の違いだけのようです。D2は460cc、D3は440ccですね。

タイトリスト 917D3ドライバー 口コミ評価、飛距離と試打レビュー

今回試打したクラブは9.5度、純正シャフトのS、カチャカチャ調整機能は全部ノーマルで打ってみました。

これを試打する前に917D2を試打しのですが、グリップを握ってワッグルした感じは持った感じは全く一緒です。

構えた時は20ccの違いが凄くヘッドを小さく見せます。シャープで構えやすいです。こちらのD3も余計なデザインは無く、丸形ヘッドで癖が無く構えやすいです。私個人的には460ccより440ccの方が構えやすい気がしました。自分でも気づいてませんでしたが小顔好みなんでしょうか。

実際に打ってみました。打感はD2と一緒ですね。打音はヘッドが小さいせいか、D2より控えめの音に感じました。

不思議だったのがヘッドスピードがD2よりD3の方が早かったことです。460ccの917D2は43.1m/s、440ccの917D3は44.0m/s出ました。普通に振ると43m/sくらいのスイングなのでD3はヘッドが走るようです。小さい分空気抵抗が少ないのでしょうか?

しかし、飛距離、打球に関しては20ccの違いは小さくありません。

まず、飛距離に関しては、一番いい数値が出たヘッドスピード44m/sのときで、キャリー201ヤード、ラン込228ヤードでした。低弾道で真っすぐ飛び出してちょいフェード。試打したD2のロフトは10.5度だったので、その1度の差もあるかもしれません。何回打っても230ヤードの壁は越えられませんでした。

オートマチックさとやさしさという点においても917D2の方が優しく勝手に飛んでくれます。D3はヘッドが小さい分、フェースの芯の許容範囲が狭く、左右の散らばりも大きかったです。自由自在にドローとフェードを打ち分けたい人はD3の方が良いでしょう。

私のように平均スコア90~100くらいのアマチュアにはちょっとシビアなクラブかなとおもいました。ヘッド自体は小さいほうが好みなんだけどなぁ。

カッコいいクラブです。いつかこのクラブに見合う腕前を身につけたいですね。

にほんブログ村 ゴルフブログへ
スポンサーリンク
レクタングル大
レクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル大