テーラーメイド M1レスキュー(ユーティリティ)試打レビュー

テーラーメイド(Taylor Made)M1レスキュー(ユーティリティ)2017年モデルを試打しましたのでレビューします

平均飛距離180ヤードを飛ばせるクラブを探してます。

テーラーメイドのM2レスキューを試打したところ大変良かったのですが、M1レスキューも試打できましたので、ついでにレビューします。

↓テーラーメイドM2レスキューの試打レビューはこちら
テーラーメイドM2レスキュー試打レビュー

まずはメーカーのホームページより情報を貰いました。

テーラーメイドM1レスキューのスペック

M1とM2でロゴは似ていますが、姿かたち、機能は全く別物です。


3番19度、4番21度、5番24度の3種類あります。

シャフトはカーボンのTM5-117とスチールのN.S.PRO930GHです。

NSの930?と思いましたが、日本シャフトのスペック表を見ると950とも微妙に違うようです。しかし、気になるレベルの違いではないでしょう。

メーカーのホームページに記載されているM1レスキューの特徴

全てが思い通り。

より幅広く細かい弾道調整が可能になった上級者向けレスキュー

万能性の為のレスキュー

改良された小ぶりなシェイプとディープフェイス、リーディングエッジがコースのいかなるポイントにおいても大きな飛距離と高い寛容性を実現

M1の特長

  1. 幅広く細かい弾道調整が可能
  2. レスキューに初めて搭載されたスライディング・ウエイト
  3. ボール初速アップに貢献する新形状。貫通型スピードポケット
  4. 操作性向上の為に改良されたソール形状
  5. 一貫性のあるショットを実現する小ぶりなシェイプとディープフェース
  6. ロフト調整スリーブでさらなる調整が可能

このクラブには弾道調整機能がついています。

ソールにおもりがついていてヒール側に移動するとつかまりが良く、先っぽ側に移動するとフェード軌道になります。

テーラーメイド M1レスキューの試打レビュー

試打クラブは4番21度、TM5-117カーボンシャフトのSフレックスです。

先に試打したM2とは明らかに別物クラブです。

大きさはM1のほうがかなり小さいです。

形状はM2にあるクラウンの白いデザインが無く真っ黒です。私はこっちの方が構えた感じ好みです。

せっかくの調整機能なので、まずはストレート(ウエイト真ん中)で試打。

打感、打音についてはM2と同等で「パシーン」といい音で柔らかい打感です。

上級者向けと謳うだけあって弾道が私のスイングではなかなか安定しません。スライスが多いかな。というわけで調整機能のウエートをヒール側に移動。これでつかまりが良くなるらしい。

調整後はたしかにスライスではなくストレートかややドローの軌道になりました。フェースの芯が内側に移動し、芯に当たるようになったせいかと思いますが、弾道も高くなりました。

しかし、安定感というか、M2レスキューの方が一定した飛びです。

持参したATLAS GTS-2で一番良かった数値がこれです。

最大飛距離はM2の方が飛びました。平均して180ヤード前後でしょうか。それでも180ヤードが欲しい私にとっては十分な飛距離が出ています。

構えやすさとデザインの好みはM1が好みですが、実際に打った弾道の安定感や数値的にはM2の方が結果が良かったです。

M2レスキューは私のような初心者・アベレージ向けです。オートマチックに真っすぐ飛ばしたい人にはかなり良いクラブです。

このM1レスキューはHP記載の通りに上級者向け。

例えば、インテンショナルで曲げる、打球を低く抑える、または高く上げてグリーンに止める。そんな打ち分けが出来る人は間違いなくM1レスキューの方が良いと思います。きっと思い通りの球筋が打てるクラブです。

初心者やアベレージゴルファーがM1レスキューを買って思い通りの球を打ちこなせるよう上達を目指すのもいいと思います。

どれを試打しても良いクラブが多いですね。飛距離180ヤードのクラブ探しも楽しいです。