CALLAWAY(キャロウェイ)EPIC FLASH STARドライバー 口コミ評価・試打レビュー

コブラS2を超えるドライバーを探してます。今回はキャロウェイの今年のモデルのエピックフラッシュスタードライバーを試打してきましたのでレビューします。

スポンサーリンク
レクタングル大

キャロウェイ エピック フラッシュスタードライバーの口コミ評価・試打レビュー

キャロウェイの今年のモデルのEPIC FLASH STARです。

公式サイトからエピックフラッシュスターの概要を調べました。

CALLAWAY EPIC FLASH STARドライバーの概要

ついに、ゴルフクラブにもAI時代が。再び世界を驚愕させる、ボール初速で飛ばせ。
あの「EPIC」が、さらなる革新的テクノロジーとともに、「EPIC FLASH」の名を冠し登場します。進化のポイントは、何といってもフェース。ゴルフクラブの開発で初めてAI(人工知能)を導入。また、スーパーコンピューターを駆使することで、通常では34年もの膨大な時間を要するほどの多くのデザイン解析を可能にし、ボール初速の最大化と耐久性の確保を達成した、独特な形状の「FLASH フェース」を生み出しました。もちろん、“2本の柱”、JAILBREAK テクノロジーも搭載。「FLASH フェース」と「JAILBREAKテクノロジー」。この2つの革新的なテクノロジーの相乗効果が、人間の常識と想像を超えた、かつてない飛びを生み出すのです。「EPIC FLASH STAR ドライバー」は、ノーマルホーゼル採用で軽量なヘッドを持つ、幅広いゴルファーにマッチするモデルです。

人間の常識を超える、飛ばすための新たな形状「FLASH フェース」
裏面に、左右非対称で波打つ独特な凹凸を持つ「FLASH フェース」。これは、ボール初速を最大化することを目的に、AIが自己学習を繰り返して導き出した形状です。通常、人が開発において設計と修正を行う場合、8~10回しかできないところ、AIはなんと同じ行程を15,000回も実行。人にはとても思いつかない、驚きのフェースデザインです。また、このフェースは特殊なチタンを鍛造し、595℃で2時間熱処理することで、たわみ、反発、耐久性にすぐれたものに形成されています。

2代にわたって培ってきたJAILBREAK テクノロジー
FLASH フェースの裏側には、GBB EPIC、ROGUE シリーズで驚異のボール初速をもたらしてきた“2本の柱”、JAILBREAK テクノロジーを搭載。2つの革新的な技術を組み合わせることで、EPIC FLASH シリーズのボール初速は、かつてないレベルにまで高まりました。

トライアクシャル・カーボンクラウンも、さらにアップグレード
クラウンには、こちらもGBB EPIC、ROGUEの両シリーズで採用されたトライアクシャル・カーボン素材が使用されていますが、ここにも大きな進化が見られます。今回のものはT2Cという名前を持ち、カーボンの編み込みがさらに細かいものになっています。これにより強度、剛性を保ちながら、さらなる軽量化が可能となり、結果として多くの余剰重量を生み出すことに成功。ヘッドの慣性モーメントを最大化することに貢献しています。

ペリメーター・ウェイティングで最適な弾道を実現
ソール後方には、キャロウェイが長年にわたり採用し、効果も実証されているペリメーター・ウェイティングを搭載。約12gのウェイトをレールに沿ってスライドさせことにより、ドローやフェードなど、自分好みの弾道に調整することが可能です。また、EPIC FLASH STAR ドライバーは、従来のホーゼルを採用していることで、シリーズ中もっとも軽量なヘッドを実現。ヘッドスピードを最大化することが可能なモデルとなっています。

キャロウェイ エピックフラッシュスタードライバーの飛距離と口コミ評価・試打レビュー

試打クラブは10.5度のSpeeder EVOLUTION for CWのフレックスSR、シャフト重量52g、クラブ重量293g、になります。

私は非力だと自覚していたのですが、先に試打した本間のドライバーでは重めの方がスピン量が減っていいとのことでした。このドライバーはどうでしょうか。

グリップは普通のラバーグリップですね。やっぱり293gの重量だと軽くてユルユルに感じます。

構えて上から見たらこんな感じです。

後方に長い楕円形ですね。私には少し違和感ありかも。でも、カーボン調のクラウンはカッコいいですね。

実際に打ってみました。打感は良いです。柔らかい。弾くより食いつく感じがします。私は今のS2は弾き感が強いですが、食いつき感が強いドライバーの方が好きです。

飛距離はナイスショットで240ヤードでした。中弾道でややドロー。持ち球通りで気持ち良く打てます。

ミスの許容範囲も広いですね。こすってもそんなにスライスしません。直進性は高いです。そのかわり、ドローフェードの打ち分けはしにくそうですね。

スピン量は2200で理想的だそうです。キャロウェイは軽くて柔らかいシャフトが合うようです。うーん。奥が深い。

飛距離と打感は申し分ないのですが、構えた時のヘッド形が少し好みと違うんですよね。

でもあくまで好みの問題で、このエピックフラッシュスタードライバーは凄く打ち易くて良いドライバーです。