テーラーメイド(Taylor Made)M6アイアン 口コミ評価・試打レビュー

簡単でやさしいアイアン探し。今回はテーラーメイドのM6アイアンを試打してきましたのでレビューします。

関連記事(M5アイアン試打レビュー)→http://haretaragolf.com/post-2740/

スポンサーリンク
レクタングル大

テーラーメイド M6アイアンの飛距離と口コミ評価・試打レビュー

これぞテーラーメイドって感じの重厚感があるヘッドですね。

テーラーメイドの公式サイトからM6アイアンの概要を調べてきました。

テーラーメイド M6アイアンの概要

テーラーメイドの新テクノロジー「スピードブリッジ」を採用した高弾道・高初速・優れた打感・安心感のあるサイズを兼ね備えたM6アイアン。

  • 新テクノロジー「スピードブリッジ」がヘッドの剛性アップを実現したことで、貫通型スピードポケットの採用やフェース薄肉化につながり、ボール初速アップに貢献。
  • 高い飛距離性能に加え、安心感を持てる大きなヘッドサイズを採用。
  • HYBRAR®ダンパーにより、打感と打音を最適化。
  • 「三菱ケミカル」と共同開発した「FUBUKI TM6 2019」シャフトと、前作より軽量化されたオリジナルスチールシャフトを標準装備。

スペックはこんな感じです。

7番アイアンで28.5度!ストロングロフトここに極まれり。

ライ角はアメリカ定番よりは1度フラットですね。日本人向けなんでしょうか。

シャフトスペックはこうです。

カーボンのFUBUKI TM6 2019とスチールのREAX85JP2種類です。

あえてNS.PROを使わないのはテーラーメイドの拘りでしょうか。

テーラーメイド M6アイアン 飛距離と口コミ評価・試打レビュー

私のスペックは平均スコア100、身長165、体重55kgのアベレージゴルファーです。

試打クラブは7番28.5度、REAX85 JPです。

M6アイアンを構えた感じはこうです。

凄い重厚感がありますね。M5以上です。グースも強烈についています。絶対に右にはいかせないぞと言うテーラーメイドの気合いが感じられます。

シャープなのが好きな私にはちょっとどうも・・・。

グリップをもってワッグルした感じはNS950との違いはあまり感じられません。

このボテっとしたヘッドに安心感を感じる人には素晴らしい重厚感ですね。

打感は硬いです。真芯を食ったらしっかり柔らかいです。ミスヒットしたら変な感触はありますが、飛距離ロスは少ないですね。

飛距離は私の7番アイアンにしては最長の171ヤード。さすが28.5度のロフトは伊達じゃないですね。私が使っているアイアンは6番で30度くらいですからね。約2番手違いますわ。

弾道も高いです。私が通常使用しているコブラPRO-CBの8~9番くらいの高さがでます。

直進性はものすごく高いです。真っすぐ高弾道で初速が速く飛び出すので打ったら気持ちいいです。

ミスも合わせてゴルフの楽しさだと思いますが、なるべくミスを無くして安定して飛ばしたいアベレージゴルファーには力強い味方になりそうなアイアンですね。

これからゴルフを始める初心者にも持って来いだと思います。