フォーティーン TC560 FORGEDアイアン 飛距離と口コミ評価・試打レビュー

現在愛用しているコブラプロCBも10年目を迎え、古傷が目立つようになってきたのでアイアンの買替を考えています。今回はフォーティーンの新作アイアンTC560フォージドの試打をしてきましたのでレビューします。

スポンサーリンク
レクタングル大

FOURTEEN フォーティーン TC560フォージドアイアンの口コミ評価・試打レビュー

すっきりしたキャビティとワンピース鍛造デザインがかっこいいですね。

フォーティーン TC560フォージドの概要

参照元:フォーティーンホームページ
http://www.fourteen.co.jp/products/iron/tc-560fg/

フォーティーンのホームページよりTC560フォージドの概要を調べました。

簡単をカッコよく。ワンランク上を目指すゴルファーに応える鍛造キャビティアイアンです。
シンプルなデザインの中に「飛び」と「やさしさ」と「初速感」を盛り込んだ、単一素材の一体鍛造キャビティアイアンです。初速感にこだわったヘッド素材の採用で飛距離性能を高めながら、ミスにも強いやや大きめのヘッドサイズで、シャープな振り心地と、よりラクに球をつかまえられる優れた機能性を搭載しています。

『S45C』が高初速エリアを拡大させ、飛距離性能をアップ
ボールの初速感にこだわり、ヘッド素材に『S45C』を採用しました。フェース厚を薄く、より広い薄肉エリアを実現したことで高初速エリアを拡大。飛距離性能がアップしました。さらにアンダーカットキャビティ構造により、余剰重量をヘッド周辺部にバランスよく配分し、ミスへの強さも両立させています。

シャープな振り心地でつかまりやすい重心設定
単一素材の一体鍛造アイアンとしては、やや大きめのヘッドサイズとなっています。オフセンターヒットでも、ミスを軽減するやさしさに加え、ラクにボールをつかまえられる重心位置設定で、より安心感を高めながら、スイング時にはしっかりとしたシャープな振り心地を与えてくれます。

ターゲットに構えやすいヘッド形状
適度なオフセットを持つセミ・グースのネック形状を採用しました。球をラクにつかまえられるイメージ、ヘッド全体の頼もしさが、アドレス時に自然と安心感をもたらします。ヘッドサイズはやや大きめですが、引き締まって見えるので、ターゲットに構えやすく集中力が高まります。

気持ちよくしなって飛ばせる『FT-26iカーボンシャフト』
『NS.PRO 950GH HT』スチールシャフトに加え、専用設計の『FT-26iカーボンシャフト』をラインアップしました。シャフト中間部分に適度なねじれ感をもたせつつ、シャフト先端の剛性を高めることで、しなやかな打ちやすさと安定性を実現しました。心地よいフィーリングを体感でき、ヘッド性能を最大限に引き出してくれるシャフトです。

フォーティーン TC560FORGEDアイアンの試打レビュー

TC560のロフト設定は5番23度、6番26度、7番29度、8番33度、9番37度、PW42度、P/A47度となっています。若干のストロング設定ですね。セットは5番~PWの6本セットとなっています。

今回の試打クラブは7番29度、N.S.PRO 950GH HTスチールシャフトのフレックスS、バランスD0,404gというスペックになっています。

グリップは一般的なラバーグリップです。ワッグルした感じは普通のアイアンですね。

構えたらこんな感じです。

すっきりとした顔はとても好印象。若干のグースがついていてやさしめのアイアンって印象です。

実際に打ってみると凄く打感が良いですね。さすがフォージドアイアンです。球も上がりやすく、100叩きの私なので、芯を外してもある程度飛距離が稼げます。スイートスポットが広いですね。

芯を外しても手に伝わる感触はそんなに違和感ありません。初心者にもやさしいアイアンですね。

計測器での飛距離は最大で160ヤード飛びました。球も上がって綺麗なストレートボールが打てました。

私はドローヒッターなのですが、直進性が高いのか、すごく真っすぐ飛びやすいアイアンです。サイドスピンがかかりずらいのでしょうか。

顔も良いし、ヒールの厚みもほどほどで所有感を満たしてくれるアイアンですね。

100叩きの私には候補に挙がる上がるアイアンです。