XXIO ゼクシオ フォージドアイアン 飛距離と口コミ評価・試打レビュー

現在使用中のコブラプロCBも10年目を迎え、古傷が痛々しくなってきました。そろそろ買い替えの時期かなぁと思い、今回はゼクシオフォージドアイアンを試打してきましたのでレビューします。

スポンサーリンク
レクタングル大

XXIO ゼクシオフォージドアイアンの飛距離と口コミ評価・試打レビュー

ゼクシオっぽいフォージドですね。ソール幅が厚くて優しそうです。

XXIO ゼクシオフォージドアイアンの概要

XXIO公式ホームページからゼクシオフォージドアイアンの概要を調べてきました。
参照元:http://golf.dunlop.co.jp/products/xxio/club/forged2017/iron/iron.html

構える。イメージがふくらむ。ゼクシオ フォージド アイアン。

[1] Miyazaki Waena カーボンシャフト
6本セット(#5~#9、PW)メーカー希望小売価格 ¥144,000+税
1本(#4、AW、SW)メーカー希望小売価格 ¥24,000+税

[2] N.S. PRO MODUS³ TOUR105 DST スチールシャフト
6本セット(#5~#9、PW)メーカー希望小売価格 ¥120,000+税
1本(#4、AW、SW)メーカー希望小売価格 ¥20,000+税

[3] N.S.PRO 930GH DST スチールシャフト
6本セット(#5~#9、PW)メーカー希望小売価格 ¥114,000+税
1本(#4、AW、SW)メーカー希望小売価格 ¥19,000+税

[4] ゼクシオ MX-6000 カーボンシャフト
6本セット(#5~#9、PW)メーカー希望小売価格 ¥144,000+税
1本(#4、AW、SW)メーカー希望小売価格 ¥24,000+税

シャフトは4種類から選べますね。ヘッドスピード50クラスのパワーヒッターはカスタム必須ですが、普通のゴルファーなら対応できますね。

XXIO ゼクシオ フォージド アイアン 試打レビュー

ロフト設定は4番22度、5番24度、6番27度、7番30度、8番34度、9番39度、PW44度です。普通のロフト設定ですね。昔はこれでストロングロフトと言われたものですが。

試打クラブは7番30度、シャフトはN.S.PRO 930GH DST スチールシャフト、フレックスS、重さ93g、トルク2.7というスペックです。

構えた感じはこんな顔です。
フォージドアイアンと言えば、小顔でアスリートモデルといったイメージですが、このゼクシオフォージドアイアンはわりと大き目のヘッドでソールも分厚く、やさしそうな印象のあいあんです。

ボディは軟鉄ですが、フェースは鋼ですね。いわゆる2ピース鍛造アイアンです。

打感は軟鉄鍛造1ピース製法ほどではありませんが、柔らかいですね。パシン!と手に柔らかい感触が伝わってきます。

フェースが鋼の恩恵がスイートスポットの広さですね。芯を多少外しても飛距離はそんなに変わりません。

打球は高く上がりやすいです。このシャフトは普通のNS950GHよりトルクがあって粘るので上手く球を拾い上げやすいようです。

飛距離は161ヤード。高弾道ドローでした。ヘッドスピード43が目一杯の非力系ゴルファーの私には十分な飛距離でしょう。

直進性も操作性もほどほど兼ね備えています。上級者ならドロー、フェードも打ち分けられそうです。

良いアイアンですね。もう少しシャープなら超私好みなアイアンです。

にほんブログ村 ゴルフブログへ
スポンサーリンク
レクタングル大
レクタングル大

いいね!

フォローする

↓スライスに悩む方にお勧め↓

↓何が何でも100を切りたい方にお勧め↓

↓パットが苦手な方にお勧め↓