ONOFF KURO/オノフ クロ フェアウェイウッドの飛距離と口コミ評価・試打レビュー

200ヤードショットのクラブ探し。長いパー4、ドライバーのチョロなど、長いセカンド打ちたいときってたくさんいありますよね。今回はオノフ黒フェアウェイウッドを試打したのでレビューします。

スポンサーリンク
レクタングル大

ONOFF KURO/オノフ クロ フェアウェイウッドの飛距離と口コミ評価・試打レビュー

さすがオノフ黒。黒いです。ちなみに、オノフではフェアウェイウッドのことをFAIRWAY ARMSって言うんですね。

ONOFF KURO/オノフ クロフェアウェイウッドの概要

ONOFFの公式ホームページよりオノフ黒フェアウェイウッドの概要を調べました。
参照元:https://onoff.globeride.co.jp/club/kuro/fairway/index.html

HOTLIST JAPAN 2017 ゴールドメダル受賞
飛びにこだわった3番ウッド
セミオートマチックでドライバーより操作性を持たせながらも飛びを追求した、ティーショットでも威力を発揮するスーパーチタンスプーン。

飛んで、やさしい、4番ウッド
操作性と飛びのバランスを重視した、飛んでやさしいスプーンのようなバフィー。
やさしさを重視しつつも、セミオートマチックな操作性も兼備しています。

ピンを狙う、5番ウッドと7番ウッド
飛距離のばらつきを抑制し、安定したスピン量、ボールの上がりやすさを生み出し、操作性と方向性を重視したW5とW7。リカバリーショットでの使用も考え、ラフからも使えるセミマニュアルなフェアウェイウッドです。

スーパー チタン スプーン
「長いクラブほど遠くに飛ばしたい。特にスプーンは、飛びとやさしさの両方が必要。」
片山プロの厳しい要望に応えるために、素材をチタンにすることで反発性能をアップし、飛距離性能を向上。加えて、ソールの大部分を比重の重いタングステンにし、ヘッドの重量の65%をソールに配分することで、オノフフェアウェイアームズ史上最大の低重心と深重心を誇るやさしいスプーンを開発。片山プロの求める飛びとやさしさを兼ね備えたスーパーチタンスプーンを実現しました。

やさしさを生み出す番手別最適重心設計=グラビティコントロール
3番・4番ウッドは上がりやすくつかまりすぎを抑え、適度なスピン量で、ストレート高中弾道のボールを打ちやすく、やさしさを高める重心設計。特に3番は、チタンボディと大型タングステン合金ソールによる超低重心&超深重心で圧倒的な飛びとやさしさを実現しました。4番は、クラウンの重量を極限まで軽量化し、低重心&深重心を実現。飛びとやさしさを両立する重心設計です。5番・7番ウッドは、様々なショットに対応できる操作性を追及した重心設計。各番手ごとに最適な重心を追及したフェアウェイウッドです。

構えやすいヘッド形状&打球音と打球感
全番手片山プロ監修の、安心して構えやすいヘッド形状。方向性の出しやすいストレートフェース。フェースを認識しやすいシルバーサテンのフェース面仕上げ。
3番・4番ウッドは、ボールが上がりやすく、やさしさをイメージできる、ほどよい大きさのヘッド。5番・7番ウッドは、ボールが上がりやすいイメージに加えて操作性と抜けの良さを感じさせる小ぶりなヘッド形状になっています。
また、片山プロも納得の、はじき感のある高めの打球音とやわらかめの打球感のフェアウェイウッドです。

安定したスピン性能を実現するフェース面仕上げ
全番手、フェース全面にミーリング加工を施し、スピン量のばらつきを抑制。打点ブレや、ラフからのショット、雨天時などの水滴などでもスピン量がばらつきにくいので、安定した飛距離性能が得られます。

オリジナルカーボンシャフト ONOFF
SMOOTH KICK MP-617F

番手別最適設計の黒のヘッドにあわせ、ドロー、フェード、高低、スピンをコントロールできるシャフト。スチールシャフトの剛性感をカーボンシャフトに取り入れることで、スチールシャフトのような感覚で気持ちよく振り抜け、スムーズなしなりで操作性の良い、クセのない中調子のしなり系シャフトです。先端のシャフト剛性をフェアウェイウッド用に最適化することで、インパクト時の不要なばらつきを抑え、方向安定性にもすぐれたシャフトです。

オノフクロフェアウェイウッドの試打レビュー

オノフ黒といえば片山晋呉プロですね。ホームページ見ててもこれでもかというくらい登場します。

番手は3番15度、4番16度、5番18度、7番21度です。

4番は必要だったんでしょうか。

試打クラブは5番、18度、シャフトフレックスS、クラブ重量325gです。

ワッグルした感じはちょっと硬めですかね。同じメーカーでオノフ赤っていうのがありますが、ちょっと違う印象です。黒はアスリート仕様ですね。

構えた感じはこんな感じ。

真っ黒が集中力を引き出しますね。フェースの後ろのラインは何なんでしょうか。

スッキリと真っすぐ構えやすいです。

打感は柔らかい弾き感。矛盾してますか?いえ感覚的には矛盾してません。トランポリンみたいな感じ?シュパン!って音で最後のンが柔らかさを強調してるんですよね。

芯を食ったら気持ちいいです。シュパン!って飛んで行きます。初速も早いです。でも球があまり上がりませんね。このシャフト、重量63g、トルク3.5です。

ドライバーヘッドスピード42~43の私にはハードだったでしょうか。SRにしとけばよかったかもしれません。

飛距離は192ヤード。もう少し欲しいですね。やっぱりシャフトかな。ヘッドは素晴らしいのに。

アスリートモデルにしてはミスに優しくて、芯を外すとバキャ!って変な音が鳴るけど、結構な初速でミスなりに飛距離を稼いでくれます。

良いフェアウェイウッドですね。もう少しやさしいシャフトにしたら合うかなぁ。

にほんブログ村 ゴルフブログへ
スポンサーリンク
レクタングル大
レクタングル大

いいね!

フォローする

↓スライスに悩む方にお勧め↓

↓何が何でも100を切りたい方にお勧め↓

↓パットが苦手な方にお勧め↓