キャロウェイ ローグスター(ROGUE STAR)アイアン 飛距離と口コミ評価・試打レビュー

新しいアイアンが欲しいなぁ。私の愛用のコブラPRO-CBも10年前のモデル。古傷がたくさんついて可哀そうです。そこで、今回はキャロウェイの新作ローグスターアイアンを試打してきましたのでレビューします。

一緒にローグアイアンも試打しました。
キャロウェイ ローグ(ROGUE)アイアン 飛距離と口コミ評価・試打レビュー

スポンサーリンク
レクタングル大

Callaway キャロウェイ ROGUESTAR(ローグスター)アイアン試打レビュー

ローグアイアンと何が違うかというと、微妙にバックフェースのデザインが違います。

キャロウェイ ローグスターアイアンの概要

キャロウェイ公式ホームページより、ローグスターアイアンの概要を調べました。
参照元:https://www.callawaygolf.jp/products/クラブ/アイアン/irons-2018-rogue-star-jv.html

ウレタン・マイクロスフィア搭載。究極の飛びとやさしさに、フィーリングを融合
ROGUE アイアンは、最大限のパフォーマンスを引き出し、これまでのアイアンとは別次元の新たな水準を追究すべく開発されたアイアンです。このROGUE アイアンは、キャロウェイの英知を結集させ、いくつもの最先端テクノロジーの融合を可能にする、プレミアムな複合素材構造をもったアイアンです。その結果、飛距離、正確性、そして打ちやすさを併せもつ、かつてないパフォーマンスを実現するアイアンが誕生しました。※使用しているイメージ画像の一部は日本仕様とは異なります。

ウレタン・マイクロスフィア・テクノロジーが、飛距離とフィーリングを両立
アイアンにおいて、ボール初速の向上とフィーリングの追求は、両立させることは非常に困難でしたが、新開発ウレタン・マイクロスフィア・テクノロジーをバックフェース部に配置することによりフェースに食いつくフィーリングを維持したまま、ボール初速の向上を可能にしました。

進化したVFTフェース・テクノロジー
フェース中心部を厚く、周辺部を薄くしたVFTフェースは、フェース全体的な薄肉化を達成。これにより、高い打ち出し角とさらなるボール初速の向上を実現しました。

タングステンウエイト内蔵で高慣性モーメントとやさしさ
ヘッド下部トウ側にタングステンウエイトを内蔵することで、センター重心、低重心化を実現。センター重心、低重心設計されたヘッドは、いかなるライからも高い打出し角を可能にし、オフセンターヒット時においても、飛距離ロスや方向性のバラつきを抑制するやさしいアイアンになっています。

飛距離をもたらすロフト設定と安心感をもたらす大型ヘッド
EPIC STAR アイアンで実現した飛距離性能をROGUE STAR アイアンにも継承。ストロングロフト設定、ラージヘッドの組み合わせにより、アドレス時の安心感を提供し、やさしく飛ばせます。

キャロウェイ ローグスターアイアン(ROGUESTARアイアン)の飛距離と口コミ評価・試打レビュー

ローグアイアンと何が違うのかな?と思いました。たしかにヘッドのデザインが微妙に違う。

カタログを見比べて判明しました。ロフトが全然違いました。

ローグスターは5番21度、6番24度、7番27度、8番31.5度、9番36度、PW41度、AW46度です。まるっきり一番手違います。ロフト立ちすぎです。

試打クラブはN.S.PRO Zelos7フレックスSのシャフト重量77.5g、アイアン重量387gの7番アイアン、バランスD0です。7番なのにロフト27度って普通6番ですよね。

超ストロングロフトのせいか、軽いです。7番って普通400g以上ありますよね。かるーく振れるアイアンですね。

構えた感じはこんな感じ

ローグアイアンとあまり違わないですね。分厚いヘッドに強いグース。つかまり重視の簡単飛び系アイアンだと言うことが一目で分かります。

実際に打ってみた感じも打感も音もローグと同等ですね。パチ!という音共に初速が速くボールが飛んで行きます。

しかし、打球がローグより低いです。それもそのはず。同じ7番でも一番手ロフトが立ってますから。

しかし、このN.S.PRO Zelos7シャフト、軽量で柔らかいだけあって球を拾いやすく、上がりやすいです。番手以上に高低差は無いように感じました。

飛距離は168ヤード。非力な私が打った7番アイアンで考えれば奇跡の飛距離です。何度も言いますがそりゃそうです。普通は6番のロフトですから。

アイアンでとにかく飛距離が欲しい人には素晴らしいアイアンですね。

にほんブログ村 ゴルフブログへ
スポンサーリンク
レクタングル大
レクタングル大

いいね!

フォローする

↓スライスに悩む方にお勧め↓

↓何が何でも100を切りたい方にお勧め↓

↓パットが苦手な方にお勧め↓