キャロウェイ ローグ(ROGUE)アイアン 飛距離と口コミ評価・試打レビュー

現在愛用のコブラプロCBアイアンも10年選手に近づき、かなりの古傷を追ってしまいました。そこで、そろそろ新しいアイアンかなぁと今、ゴルフショップで一人クラブ試打祭りをやってます。今回はキャロウェイ新作ローグアイアンを試打してきましたのでレビューします。

ローグスターアイアンも試打しました。
キャロウェイ ローグスター(ROGUE STAR)アイアン 飛距離と口コミ評価・試打レビュー

スポンサーリンク
レクタングル大

キャロウェイ(Callaway)ローグ(ROGUE)アイアン 試打レビュー

こんな感じのバックフェースです。顔はカッコいいデザインですね。キャロウェイらしくメカメカしてます。

キャロウェイ ローグアイアンの概要

キャロウェイ公式ホームページより、ローグアイアンの概要を調べました。
参照元:https://www.callawaygolf.jp/products/クラブ/アイアン/irons-2018-rogue-jv.html

ウレタン・マイクロスフィアが生む、妥協なき飛びとフィーリング
ROGUE アイアンは、最大限のパフォーマンスを引き出し、これまでのアイアンとは別次元の新たな水準を追究すべく開発されたアイアンです。このROGUE アイアンは、キャロウェイの英知を結集させ、いくつもの最先端テクノロジーの融合を可能にする、プレミアムな複合素材構造をもったアイアンです。その結果、飛距離、正確性、そして打ちやすさを併せもつ、かつてないパフォーマンスを実現するアイアンが誕生しました。左用モデルの設定はありません。
※使用しているイメージ画像の一部は日本仕様とは異なります。

シャフトはたくさん選べます。
・N.S.PRO850
・MODUS3 TOUR 120
・N.S.PRO950
・MODUS3 TOUR 105
・ZELOS7
・ZELOS6
・SPDR EVOL for CW60
・FUBUKI for CW50

シャフトは公式HPで調べただけでもこれだけありました。

ロフトは4番20.5度、5番23度、6番26度、7番30度、8番34.5度、9番39度、PW44度です。
ロフトの表記で0.5刻みは珍しいですね。

Callaway キャロウェイ ROGUE ローグ アイアン 飛距離と口コミ評価・試打レビュー

今回試打したクラブは7番30度、シャフトはNS950のフレックスSです。クラブ重量が418g、シャフト重量98gですね。私はNS950か1050が一番振りなれてます。

ちなみに私は平均スコア100前後、ドライバーヘッドスピード42ちょいのアマチュアゴルファーなので、難しいレビューは出来ませんので了承ください。

まず、グリップを握っていつものルーティン。クラブをブラブラさせてワッグルします。

バランスがD2なのでちょっとヘッド方向に重みを感じます。418gの7番なら全然重いクラブじゃないんですけどね。

構えた感じはこんな感じです。

うーん。ゴテっとしてますね。優しさ重視って感じの顔です。

もうちょっとシャープなアイアンが好きです。

グースも強いですね。つかまり重視で絶対にスライスはさせない!というローグアイアンの意気込みを感じます。

打った感じは打感は固めです。パチ!っという音共に高弾道で真っすぐ飛んで行きます。飛距離は十分かな。けっこうドローします。

私はもともと持ち球がドローなんですが、強くフックしますね。真っすぐ打ちたいスライサー向きでしょう。

飛距離は7番でキャリー込み159ヤード。非力系男子ゴルファーの私にしては十分な飛距離です。

もうちょっとシャープなヘッドならいいんですけどね。こういうドッシリしたアイアンが好きな方も結構多いですよね。

にほんブログ村 ゴルフブログへ
スポンサーリンク
レクタングル大
レクタングル大

いいね!

フォローする

↓スライスに悩む方にお勧め↓

↓何が何でも100を切りたい方にお勧め↓

↓パットが苦手な方にお勧め↓