タイトリスト(TITLEIST)718 AP3アイアン 口コミ評価・試打レビュー

新しいクラブが欲しい!いま使っているアイアンのはコブラのPRO-CBという10年前のモデル。
割と上級者向けなカッコをしていながらアベレージ100の私でも意外と使える良いクラブ。
しかし、古さには勝てず、見るも無残な傷がたくさん。
そこでキャディバッグもタイトリストなのでタイトリストの718シリーズアイアンを試打しまくって来ました。
優しい順に第2弾は718AP3を試打したレビューです。

関連記事
タイトリスト 718MB アイアン 口コミ評価・試打レビュー
タイトリスト 718CB アイアン 口コミ評価・試打レビュー
タイトリスト 718AP2 アイアン 口コミ評価・試打レビュー
タイトリスト 718AP1 アイアン 口コミ評価・試打レビュー

スポンサーリンク
レクタングル大

タイトリスト 718 AP3アイアン 口コミ評価・試打レビュー

タイトリストのメーカーホームページより718AP3アイアンの概要を調べました。
参照元:https://www.titleist.co.jp/golf-clubs/irons/718-ap3/

タイトリスト 718 AP3アイアンの概要

飛距離と操作性を兼ね備えた、 タイトリストのディスタンスアイアン。
飛距離アップはもちろん、シャープな見た目にもこだわるプレーヤーのために、『AP3』は開発されました。
#3~#9に採用した中空構造によって高い許容性と高い打ち出し角度を確保。
L型の高強度455スチールを#3~#8のフェースに採用することで、高初速のビッグキャリーを生み出します。

価格:6本セット(#5-#9、P)
N.S.PRO 950GH ¥132,000+税
N.S.PRO MODUS3 TOUR 105 ¥138,000+税
Titleist MCI 60 ¥144,000+税
別売り#3、#4、48 ※右用のみ
N.S.PRO 950GH ¥22,000+税
N.S.PRO MODUS3 TOUR 105 ¥23,000+税
Titleist MCI 60 ¥24,000+税

PLAYER BENEFITS
飛距離性能を追求した718ディスタンスアイアンの中でも、AP3は飛距離性能と許容性、そしてシャープでかまえやすくすべてを兼ね備えた新しいアイアンです。

飛距離性能を追求
中空構造とLフェースデザインの構造が、高いボール初速と高い打ち出しを可能にします。これはロングゲームでも同様です。

高い許容性
AP3は高慣性モーメント設計により、オフセンターヒット時においてもミスを最小限に抑えてくれる許容性と打感を兼ね備えています。

飛距離性能と見た目の両立
AP3は美しいヘッドシェイプでありながら、高い飛距離性能と許容性を兼ね備えており、プレーヤーをベストスコアへと導きます。

タイトリスト契約プロのジャスティン・トーマスは
「このクラブをテストしたとき、より遠く高い弾道が凄く良かった」
と仰っているようです。

飛距離と操作性を兼ね備えた、タイトリストのディスタンスアイアン。
飛距離アップはもちろん、シャープな見た目にもこだわるプレーヤーの為に、「AP3」は開発されました。
#3~#9に採用した中空構造によって高い許容性高い打ち出し角度を確保。
高強度445カーメンタースチールを#3~#9のフェースに採用することで、高初速のビッグキャリーを生み出します。
飛距離性能を追求した718ディスタンスアイアンの中でも、飛びとやさしさ、所有欲をも満たす、全く新しいモデルです。


タイトリスト 718 AP3アイアン 飛距離と口コミ評価・試打レビュー

このAP3はAP1よりやや上級者向けに振ったアイアンのようです。

5番~8番がAP1より1度ロフトが寝ています。昔ロフト1度で約3ヤードの違いと聞いたことがありますが、同じクラブを振っても5~10ヤードは誤差がでる私にはあまり気にすることではないでしょう。

しかし、ディスタンス系であることは間違いなく、AP1では物足りない人に、少し操作性をプラスしたイメージでしょうか。

試打クラブは7番30度、N.S.PRO950GHのSです。

ヘッドはバックフェースの派手さとは裏腹にシャープです。

AP1でも感じたトップブレードの薄さよりもさらに薄く、構えた感じは昔の上級者用のマッスルバックそのものです。

フェースもAP1に比べて若干小ぶりですね。アスリート感が満載です。

実際に打ってみた感想は打感が柔らかい!

フォージドじゃないの?って思います。AP1もフォージド?って思ったら鋳造でしたが柔らかめで良い打感でしたが、AP3はその上を行きますね。

タイトリストのアイアン制作にかける技術力は凄いですね。

飛距離は、計測器でキャリーで153ヤード、ラン込みで162ヤード。AP1より少し弾道が低く、飛距離も少し落ちました。私のスイングのブレの影響も多大にあるかもしれませんが。

左右の散らばりはAP1よりもAP3の方があります。

タイトリストとしてはこれでも十分やさしい部類に入るアイアンなんでしょうけどAP1よりも少しシビアで上級者向けってことでしょうか。

デザインもGOOD!カッコよくて所有感が満たされるアイアンですね。

私の勝手な印象ですが、スコア100以上の人AP1、100は切れるけど、80台は無理かな~って人はAP3なんて選択でどうでしょうか。

このAP3もAP1同様、メーカー発注でライ角とロフト角が2度、シャフト長が±0.5インチまで調整が可能だそうです。私の鬼門のライ角調整はクリアしてくれてますね。

私がもう少し上達したらAP3かな?でも今ならAP1かな?

定価でAP1が108,000円、AP3が132,000円(いずれも税別)値段の差は腕の差でしょうか?

両方カッコよくていいクラブですよ!予算無制限ならどっち買うかな?迷いますね。

にほんブログ村 ゴルフブログへ
スポンサーリンク
レクタングル大
レクタングル大

いいね!

フォローする

↓スライスに悩む方にお勧め↓

↓何が何でも100を切りたい方にお勧め↓

↓パットが苦手な方にお勧め↓