タイトリスト 718MB アイアン 口コミ評価・試打レビュー

愛用しているコブラPRO-CBも10年前のモデルになってしまいました。気に入ってはいるんですが、痛々しい傷が多数あり。そろそろ買い替え時期到来?と思い、タイトリストの718シリーズを試打しまくってます。タイトリストが誇るアスリート使用のマッスルバック718MBの試打レビューです。

関連記事
タイトリスト 718CB アイアン 口コミ評価・試打レビュー
タイトリスト 718AP2 アイアン 口コミ評価・試打レビュー
タイトリスト 718AP3 アイアン 口コミ評価・試打レビュー
タイトリスト 718AP1 アイアン 口コミ評価・試打レビュー

スポンサーリンク
レクタングル大

タイトリスト(Titleist)718 MB アイアン 口コミ評価・試打レビュー

タイトリストの公式ホームページから718MBアイアンの概要を調べました。

タイトリスト 718 MB アイアンの概要

参照元:https://www.titleist.co.jp/golf-clubs/irons/718-mb/

正確なショットと究極のフィーリング。伝統のマッスルバックアイアン。
世界のツアープレーヤーから多くの信頼を得ている、タイトリスト伝統のマッスルバックアイアン『MB』。
厚みのあるバックフェースデザインが常に変わらぬ力強い打感と、意のままにボールを操れるフライトコントロール性能を発揮します。

価格:6本セット(#5-#9、P)
AMT TOUR WHITE ¥132,000+税
N.S.PRO MODUS3 TOUR 120 ¥138,000+税
別売り#3、#4 ※右用のみ
AMT TOUR WHITE ¥22,000+税
N.S.PRO MODUS3 TOUR 120 ¥23,000+税

PLAYER BENEFITS
ツアープレーヤーが信頼を寄せる伝統形状と、心地よい打感。高い操作性を提供します。

100% ピュアマッスルのパフォーマンス
MBは100%純粋の軟鉄鍛造アイアン。美しいシェイプ、打感、打音のすべてがプレーヤーを満足させます。

伝統のマッスルバック
シンプルでコンパクトな伝統ブレードは、現在のテクノロジーとの融合でさらに最高のパフォーマンスをもたらします。

すべてのショットがイメージ通り
伝統のマッスルバックアイアンながら、精密に設計された重心コントロール。それにより、さらにショット精度が向上しイメージ通りのショットコントロールを可能にします。

『薄いトップライン、軟鉄鍛造のソリッドな打感、そして何より思い通りに署っとコントールすることができる。それがこの新しいMBで手にすることができた』byラファ・ラブレラベロー


正確なショットと究極のフィーリング。伝統のマッスルバックアイアン。
世界のツアープレーヤーから多くの信頼を得ている、タイトリスト伝統のマッスルバックアイアン『MB』。
厚みのあるバックフェースデザインが常に変わらぬ力強い打感と、意のままにボールを操れるフライトコントロール性能を発揮します。
さらに磨きのかかったマッスルバックの美しさと心地よい打感をご堪能ください。

タイトリスト 718MBアイアン 飛距離と口コミ評価・試打レビュー

今回のタイトリスト718アイアン試打ツアーも、ついにラスボスまで来ました。(718T-MB)は高すぎて試打クラブが無かったので断念。またの機会で)

伝統のタイトリストマッスルバックアイアン718MB。惚れ惚れするほど美しいです。

カッコいいんじゃなくて美しいです。

シャフトは「AMT TOUR WHITE」のS200と「N.S.MODUS3 TOUR 120」のSシャフトしか純正ラインナップがありません。

このアイアンはNS950など私が使うようなアマチュアなシャフトはラインナップされていません。

試打クラブはAMT TOUR WHITEの7番35度です。

7番でロフトが35度ですよ。AP1の7番なんて29度ですからね。1番手半違いますよ。

それでは構えてみましょう。

なんて美しい。薄いトップブレードに光り輝くミラー仕上げのヘッド。

とても小さくシャープで飾り気を削ぎ落した洗練されたデザイン。

打つ前からビビっちゃいますね。

実際に打ってみました。

ん?意外と当たるぞ?ちゃんと当たるとすごく柔らかい。フェースに球が乗っかってる時間が長い感じ。打感、打音ともにサイコー。気分はシングルプレイヤー。

しかし、少しでも芯を外すと、手にものすごい嫌ーな感触が。

少年野球の金属バットで手元にボールが当たってどん詰まりの内野ゴロの時の感じ。

ビリビリきますね。

ちゃんと当たったときの飛距離はキャリーで138ヤード。中弾道でドローです。やっぱり私の持ち球はドローのようですね。

飛距離性能はちょっと語れませんね。7番で35度ってことは、AP1なら8番と9番の間ですから。って考えると、私にしてはまあまあ飛んでるのかな?

自分の感想ですが、718CBより打率が高い。重いシャフトの方が良いのかな?

実際にショップ店員の提案でCBとMBを打ち比べてみました。

私はMBの方が、ヘッドスピード早いみたいです。

非力だからNS950って先入観がダメだったのかな?私はゆったり目のスイングなので重くてもそんなに影響がないスイングだそうです。

谷将貴プロのDVDのお陰かな?
関連動画→谷将貴 ゴルフシンプル理論完全マスタープログラム

いずれにしても、この718MB、所有感は日本一のアイアンだけど、私がコースで使うのは無謀ですね。芯を外したら軽く20~30ヤードは飛距離が落ちます。

カッコよくていいクラブですが、完全にオーバースペックです。

スライスもフックも自由自在のシングルさんがビッシっと打って「あぁ~あと2ヤード右だったかぁ」とか言いながら使いこなすのが理想ですね。

今回のタイトリス718アイアンシリーズ試打大会の結果

「今のまま現状維持ならAP1かAP3。たぶんスコアは変わんないよ。上昇志向ならCB。気に入った方買えばいいじゃない?」

とのショップ店員さんのお言葉でした。優しいんだか冷たいんだか、またお世話になりたい店員さんでした。

長々とお付き合い下さったゴ〇フ5の店員さんありがとうございました。ちょっと悩ませてください。他のメーカーの試打大会もやっちゃおうかな。

にほんブログ村 ゴルフブログへ
スポンサーリンク
レクタングル大
レクタングル大

いいね!

フォローする

↓スライスに悩む方にお勧め↓

↓何が何でも100を切りたい方にお勧め↓

↓パットが苦手な方にお勧め↓