RMX118(リミックス118)ドライバー口コミ評価・試打レビュー

現在使用のコブラS2ドライバーもかなり古いモデルになってしまったので、飛距離アップのために最新ドライバーを探しています。今回は2017年11月に発売されたヤマハRMX118ドライバーを試打してきましたのでレビューします。

スポンサーリンク
レクタングル大

YAMAHAヤマハ RMX118(リミックス118)ドライバーの試打レビュー

ヤマハのRMXドライバーホームページよりRMX118ドライバーの概要を調べました。

RMX118(リミックス118)ドライバーの概要

ストレート弾道で飛ばす 118
● 新開発ヘッドターンエネルギー構造とスーパーデュアル弾力ボディⅡとの相乗効果で、ボール初速アップ。
● ストレートボール構造で、直進安定性25%アップ。※
● 上級者好みの引き締まった形状と打音。
● RTS(Remix Tuning System)搭載。RTSスリーブ、RTSウェイトは前モデルと互換性があります。

シャフトはたくさん選べます


【FUBUKI Ai II 50(S/SR/R)】
【Speeder661EVOLUTIONⅣ(S)】
【TOUR AD IZ-6(S)】
【Diamana RF60(S)】
純正のFUBUKIとカスタムの3種類があります。

ヘッド体積は445㏄になります。簡単やさしい仕様の460㏄のRMX218よりもアスリートモデルになります。

クラブ重量は純正FUBUKI(S)装着で300g、カスタムシャフト装着で314gとなっています。

YAMAHA RMX118(リミックス118)ドライバーの口コミ評価試打レビュー

今回試打したクラブはRMIX118 シャフトはFUBUKI Ai II 50装着、フレックスはSRです。
一般的な簡単やさしいドライバーの純正シャフトは50g台なのですが、このシャフトはSRでも57gあります。やっぱりアスリートモデルですね。
私のヘッドスピードは42~43くらいで体格的には165㎝、55㎏と小柄で非力系なのでSRで試しました。

グリップを持った感じは一般的なラバーグリップで違和感はありません。
ワッグルした感じはしっかりしたシャフトの感じです。
構えた感じは460㏄と445㏄の違いはあまり気になりませんね。小さいからアスリートモデルというわけではなく、操作性重視でドロー・フェードの打ち分けがやりやすいように設計しているからでしょう。
真っ黒て全く飾りがないシンプルなクラウンが私好みです。

実際に打ってみたところ、打感はやや硬めですね。カンっっていう打音です。

私はスコア90~100くらいのアベレージなので、常に真芯で捉える腕前は無いのですが、芯にあたったときと外した時の違いが分かりやすいです。ミスショットを教えてくれるので上を目指すには良いドライバーだと思います。

一番飛んだ飛距離で218ヤードでした。やや右に飛び出して中低弾道でそのまま真っすぐいきました。私のスイングがインサイドからの軌道になるのでしっかりシャフトが返ってこないと右に出てしまいます。なのでRも試してみたかったのですが、残念ながらRの試打クラブがありませんでした。

ヘッドスピード42~43くらいで私の腕ではちょっとオーバースペックな気がしました。
次の記事で一緒に試打したRMX218ドライバーを紹介します。