松山英樹は凄い!

こんにちは。H:Uです。

フェニックスオープンの興奮冷め止まぬまま

24歳にしてレジェンド松山英樹選手について書きまくります。

関連記事→松山英樹フェニックスオープン連覇!

アマチュア時代にマスターズでローアマ、国内ツアー優勝

2011年マスターズで27位。

日本人初のローアマチュアタイトル獲得。

この年の三井住友VISA太平洋マスターズで優勝。

ちなみに、アマチュアでのプロツアー優勝は倉本昌弘、石川遼に続き3人目。

プロ転向後いきなり4勝を上げて賞金王

ちなみに、ルーキーイヤーでの賞金王は2013年の松山英樹が史上初。

この年の松山はぶっちぎりに強かったです。

アメリカPGAツアー挑戦の1年目に初勝利

2014年、日本ツアーに興味は無いと言わんばかりにアメリカに渡ってしまいました。

その年にいきなりメモリアルトーナメントでPGAツアー初勝利。

ちなみに、PGAツアーで勝ったことのある日本人は青木功、丸山茂樹、今田竜二に続いて4人目

その後2015年は優勝こそありませんが、コンスタントに上位をキープ。

タイガーウッズの再来?

2016年、アメリカと日本を行ったり来たりして、

秋には5戦で4勝というとんでもない勝率を残しています。

その中の一つの試合でPGA非公認の試合の為、ツアー勝利数にはカウントされませんが、タイガーウッズ主催のヒーローワールドチャレンジという試合にも勝ってます。

非公認といってもトッププロが集まり優勝賞金は100万ドル。

アメリカのメディアは「タイガーウッズの再来」とまで言っているそうです。

日本人最多のPGAツアー4勝

2017年フェニックスオープン連覇により、

日本人ツアー最多のPGAツアー通算4目を上げました。

ちなみに、松山の他にPGAツアーに勝ったことがある日本人選手は

青木功  1勝

丸山茂樹 3勝

今田竜二 1勝

の3人しかいないんです。

PGAツアーで勝利するってホントにすごい事なんです。

プレーオフになったら3戦無敗

PGAツアー4勝のうち、3回はプレーオフでの勝利なんですね。

2016年のフェニックスオープンもプレーオフでリッキー・ファウラーを破っての勝利でした。

シンプソン、ファウラー共に、アメリカのトッププレイヤーです。

現地では、アメリカ人 VS 日本人 なので完全アウェー。

そんな猛者を相手にプレーオフで負けなしっていうのもまた凄い。

技術だけではなく、気持ちのコントロールも超一流なんでしょうね。

さて、松山英樹について延々と語りました。

ほんとにゴルフ好きにはたまらないニュースを沢山届けてくれます。

怪我無くこの調子でいけば日本人初のメジャータイトルもすぐ近くまで来ていることは間違いないでしょう。

まずは4月のマスターズに向けて調子を上げていってほしいですね。

スポンサーリンク
レクタングル大