初心者のゴルフ練習法 スライスの原因と対策

こんにちは。H:Uです。

鏡で見る自分のスイングはいかがでしょうか。

満足のいくキレイなスイングが出来ていますか?

前回記事→初心者のゴルフ練習法 プッシュスライスの原因と対策

スポンサーリンク
レクタングル大

今回もスライスの原因と対策を考えます。

スライスには3パターンあります。

  1. 真っすぐ飛び出して右に曲がる
  2. 右に飛び出して右に曲がる
  3. 左に飛び出して右に曲がる

前回記事で右に飛び出す原因と対策を考えました。

プッシュスライスの修正はできましか?

あせらず、ゆっくり自分のスイングを研究して下さい。

ちなみに、①の「真っすぐ飛び出して右に曲がる」という初心者の方。

せっかく打ち出し方向が真っすぐなので、スイングは大きく変えずにグリップを研究して下さい。

グリップに関する関連記事→初心者のゴルフ練習法 スライスの原因と対策 グリップ編

さて、左に飛び出して右に曲がるスライスです。

この場合、ボールの最終的な着弾点は狙い通りという結果オーライになることも多いです。

無理に矯正せずに、フェードボールを持ち球にするという選択肢も大いにアリだと思います。

しかし、なぜフェードになるのかというメカニズムは知っていた方が良いと思います。

なぜなら、突然いつも通り打てないという現象に襲われることがあります。

その時に「自分の基準のスイングはこれだ」というものがあるとすぐ修正でることが多いです。

なので、今回もしっかり左に打ち出してしまう原因と対策を考えましょう。

左に飛び出す原因

  • スイングプレーンが「アウトサイドイン」になっている
  • 身体の回転が止まっている
  • 腕が先行して打っている
  • 最初から左を向いてアドレスしている

スイングプレーンがアウトサイドイン

これは、前回の「インサイドアウト」の逆です。

クラブヘッドが右前からやってきてインパクト後に左後ろ方向に抜けると「アウトサイドイン」軌道です。

ボールはインパクト時のスイング軌道の通りの方向にボールは飛んでいきますので左に飛び出します。

これは、「ダウンスイングで右肩が前に出る」が原因となっていること多いです

なぜ右肩が出るかというと力み、打ち急ぎ、飛ばそうとしすぎ等々色々あります。

対策としては、ダウンスイングで右肩を不自然に動かさないことを意識してみます。

「トップオブスイングで一瞬静止して重力でダウンスイング始動」くらい力を抜きましょう。

身体の回転が止まっている・腕が先行して打っている

いわゆる手打ちというやつです。

腕力のある人は特にそうですが、胴体をあまり使わずにうつと案外自由自在に打てます。

手打ちでも思い通りに飛べば良いという考え方もあります。

ゴルフは自由ですから。

その場合は少しだけインサイドアウトを意識したらおそらく治ると思われます。

それでも、やっぱり美しいスイングを目指しましょう。

最初から左を向いてアドレスしている。

初心者のうちのラウンドではアリです。

しかし、ここは練習場の打ちっ放しです。

目標通りに構えてスイングした結果どう飛んだかを追求します。

スイングの形は自宅で作る→練習場で修正する

これを繰り返していけば大丈夫です。

諦めずにがんばりましょう!

にほんブログ村 ゴルフブログへ
スポンサーリンク
レクタングル大
レクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする