YAMAHA(ヤマハ)inpres(インプレス)UD+2ドライバー試打レビュー

現在使用しているドライバーがコブラのS2というドライバーで、飛距離がいいところ200ヤードくらいです。たまにナイスショットで230ヤード位飛ぶこともありますが、最近のドライバーは安定して飛ぶよーと聞いたので、ヤマハのインプレスUD+2ドライバーを試打してきましたのでレビューします。

スポンサーリンク
レクタングル大

YAMAHA(ヤマハ)インプレスUD+2ドライバー口コミ評価・試打レビュー

ヤマハのメーカーホームページより、インプレスUD+2ドライバーの概要を調べました。

YAMAHA(ヤマハ)inpres UD+2ドライバーの概要

手にするだけで、+2番手の飛び

プラス2番手テクノロジー”ぶっ飛び”ドライバー

・高初速ロフト設計

・三菱ケミカル社共同開発、専用軽量オリジナルシャフト装着

ヤマハのホームページに搭載テクノロジーがたくさん紹介されていました。

・とにかくつかまる大きな重心角(34度)

・ソール一体型ウェイト
ソール一体型ウェイト(35g)+バッジ型ウェイト(5g)=40gのウェイト
(ヘッド重量の約20%)

・UD+2 アルティメットフェース
スーパーコンピューターが作った広域反発フェース

・高初速ロフト設計
ストロングロフトでボール初速が最大化、スーパー重心設計で高弾道で飛ばす。

シャフトはオリジナルカーボンのTMX-417DというシャフトでフレックスはS/SR/Rの3種類があります。インプレスは昔からヘッドカバーがカッコいいですね。

スペック表です。

ロフトは9.5度と10.5度があります。

ヤマハ インプレスUD+2ドライバー 口コミ評価・試打レビュー

試打したクラブは純正のSシャフト、ロフトは9.5度のモデルになります。

参考までに私は165cm、55kg、ドライバーヘッドスピード43m/sくらい、スコア90~100くらいの一般的なアマチュアゴルファーです。

まずはこのインプレスUD+2ドライバーのグリップを握ってワッグルした感じから。

軽い!です。今まで握ったことのあるドライバーの中でもかなり軽量の部類に入ります。レディースクラブ?とは言いすぎでしょうか。軽さで+2番手の飛びなのかな。

シャフトもかなり柔らかいです。スペック表を見ると、シャフト重量50g、トルク5.9、クラブの総重量は283gとなっています。スペックを見ても、たしかに軽くて柔らかいですね。

構えた印象はクラブは綺麗です。クラウンが綺麗なダークブルーに塗装されており、無駄な装飾の模様も無く、クラウン中央フェース上部にここが芯ですよのマークが施されているだけです。

真っ直ぐ構えたつもりでも、ちょっとフック気味にかぶっているように感じます。スペック表によるとライ角が61度なのでドライバーにしてはかなりアップライトです。もはやつかまり以外はどうでも良いのでしょうか。身長低くて手が長目の私にはかなりトゥ側が上に上がります。これでちゃんと打てるのか心配です。

実際に打ってみると、かなり飛距離は出ます。計測値ですが、一番飛んだ数値で237ヤードでした。所有しているコブラS2よりは飛んでいます。

しかし問題が。ほとんど左にフックしていきました。一番良い数値で飛距離が237ヤードだったときの弾道も中高弾道で真っすぐ飛び出して10ヤードほど左にドローしました。

つかまりの良さは群を抜いています。さらにシャフトが軽くトルクも多くしなりも多いので、かなり控えめにゆ~ったり振らないとタイミングが合いません。実際コースに出てこのタイミングで振るのは神経使いそうです。ちょっと叩きに行ったら左に引っかかります。

打感は良いですね。パシっておとで金属音も大きくなく、かつ弾いている感じがあって気持ち良いです。芯も広く、フェース内であればどこに当たっても同じような感触が伝わってきます。

ちょっと体力に自信が無い人、タイミング命のスインガー、最近パワーが落ちてきたなぁというシニア、はたまた、体力自慢の女性にはちょうどいいクラブだと思いました。ヘッドスピードがあまりなく、安定したスインガータイプの人にはかなり飛距離が伸びると思います。

普段200ヤードも飛ばないなぁ、というシニアが使うとかなり飛距離が期待できそうです。

スライスしずらいドライバーですが、ゴルフ始めたばかりの初心者でドライバーのスライス病に悩んでいる人が購入してしまうと、スライス病が治ったら買い替えたくなるでしょうね。こんどはフックとの闘いになります。

ヘッドは良いと思いますが、もうすこしハード目のシャフトを用意してもいいかな?とおもいました。