BRIDGESTONE GOLF(ブリヂストンゴルフ)JGRフェアウェイウッド試打レビュー

200ヤードショットのクラブ探し。今回はブリヂストンゴルフのJGRフェアウェイウッドの試打をしてきましたので、試打レビューします。ちなみに、BRIDGESTONEをカタナカで書くとブリジストンではなくブリヂストンだそうです。

スポンサーリンク
レクタングル大

BRIDGESTONEGOLF JGRフェアウェイウッド口コミ評価・試打レビュー

ブリヂストンのホームページより、JGRフェアウェイウッドの概要を調べました。

ブリヂストンゴルフ JGRフェアウェイウッドの概要

高初速化・スピン量の最適化を徹底追求。あなたの飛びを進化させるフェアウェイウッド。

フェース側のクラウンのたわみ、高初速化による大きな飛び

SPEEDARC=ヘッド内部のバック側に硬いリブを追加。POWER SLITとの相乗効果で高初速化による最大飛距離を追求

POWER SLIT=ヘッド内/外部にパワースリットを配置。オフセンターヒット時でも高初速で飛ばす設計

反発性能アップを追求した高強度455フェースと、FWに初めてパワーミーリングを採用。高初速化とスピンの最適化を追求。

ブリヂストンのホームページによると、とにかく飛びにこだわったフェアウェイウッドのようです。高強度455フェースって何でしょう。

3番15度、5番18度、7番21度、9番24度の4種類のラインナップです。24度の9番ウッドって何ヤードくらい打てるのかな?24度のアイアンより簡単かな?と興味ありますが、男だったら5番アイアン位は打てるようになりたいものです。

今回私は200ヤード打ちたいクラブを探しているので、5番18度がねらい目です。

シャフトラインナップも豊富です。純正はTour AD J16-11Wカーボンシャフトです。やや非力な人向けにAir Speeder「J」J16-12Wカーボンシャフトもあります。

ハードヒッター向けにはKURO KAGE XM60シャフト63g中調子とTour AD GP-6シャフト66g中調子が用意されています。

対応ヘッドスピードをみても、Tour AD J16-11Wで大抵の人がカバーできそうですね。あとは黄色シャフトが好きか嫌いかの問題になってきそうです。

これはソールにくっ付いている重りのオプションパーツです。これにこだわりだしたら泥沼にハマりそうですね。まずは純正で付いているウエイトで試してみましょう。

BRIDGESTONEGOLF JGRフェアウェイウッド口コミ評価・試打レビュー

試打クラブはJGRフェアウェイウッド5番18度、Tour AD J16-11W純正シャフトのフレックスSになります。

参考に私のスペックは165cm、55kg、ドライバーヘッドスピード43m/s、ドライバー飛距離230ヤード、スコア90前後の平均的なアベレージゴルファーです。

まずクラブを持った印象。黄色いシャフトとブリップがちょっと眩しいです。派手好きにはたまらないデザインですね。私のような地味でシンプル好きにはちょっと照れます。

ワッグルした感じは硬すぎず、やわすぎず。タイミングが合わせやすそうです。

構えた感じはヘッドの形自体はシンプルで癖が無い感じです。クラウン外側にデザインされた謎の模様が集中力を高めるのか、集中力が途切れるのかはその人次第だと思います。なんとなく、球を包み込むような、フェースに球の乗りが良いようなイメージを持たせてくれます。でも、私だったらXD-Fのように全くの無地の方が集中できます。

打感は普通。硬くも無く柔らかくも無く、ハジキ感も良い感じでカーンという打音ですね。

飛距離は結構飛びます。芯を外してもそれなりにちゃんと飛びます。計測結果で一番いい数字だったのは飛距離203ヤード、ヘッドスピード40.2m/s、高弾道でストレートボールでした。

球のつかまりも普通ですね。逆に今どきのつかまり良すぎるクラブよりも左が怖くないのでプレッシャー無く振りやすいです。

良いクラブだと思いました。純正のTour AD J16-11Wシャフトも私と相性は良さそうです。ドライバーのヘッドスピード43m/s位のアベレージゴルファーが一番多いと聞いたことが有りますが、この位の人だとたぶんこれのSを選んでおけば間違いは少ないと思います。

良いクラブでした。実際の草の上からも球を拾いやすそうなイメージが持てます。あとは黄色いシャフトとグリップが好みであれば。。。

にほんブログ村 ゴルフブログへ
スポンサーリンク
レクタングル大
レクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする