テーラーメイド M6レスキュー(ユーティリティ)口コミ評価・試打レビュー

200ヤードショットのクラブ探しです。今回はテーラーメイドのM6レスキューを試打してきましたのでレビューします。

スポンサーリンク
レクタングル大

テーラーメイド(TaylorMade)M6レスキューの飛距離と口コミ評価・試打レビュー

テーラーメイドっぽいデザインですね。ドライバーとアイアンはM6、M5と同時発売ですが、レスキューはM6のみの発売の様です。

いつものようにテーラーメイドの公式サイトでM6レスキューの概要を調べました。

テーラーメイド M6レスキューの概要

テーラーメイド独自の「ツイストフェース」テクノロジーをレスキューに初めて搭載。高い寛容性とさらなる飛距離性能が両立したM6レスキュー。

  • ゴルファーの打点傾向から生み出された「ツイストフェース」で弾道のバラつきを低減し、「飛距離」と「直進性」を高いレベルで実現。
  • テーラーメイド独自のテクノロジーである貫通型スピードポケットがバックスピン低減、ボール初速アップ、スイートエリア拡大に貢献。
  • 「 三菱ケミカル」と共同開発した「FUBUKI TM6 2019」シャフトと、前作より軽量化されたオリジナルスチールシャフトを標準装備。

ロフトは3番19度、4番22度、5番25度、6番28度の4設定があります。

カーボンシャフトで約340gなので標準的な重さですね。

シャフトはカーボンのFUBUKI TM6とスチールのREAX85 JPの2種類があります。お好みに合わせてどうぞと言った感じですね。グリップはごく普通の

テーラーメイド M6(レスキュー)ユーティリティーの飛距離と口コミ評価・試打レビュー

私のスペックは165cm、55kg、ドライバーHS43くらい、平均スコア100の下手クソアマチュアゴルファーですので、このレベルの視点での試打であることをご了承ください。

試打クラブは4番22度、FUBUKI TM6カーボンのフレックスS、クラブ重量340g、シャフト重量62g、トルク3.0、バランスD1になります。

グリップを持った感じは割としっかりした感じがあります。もっとグニャグニャを想像していたのですが、しっかり振っても大丈夫そうなシャフトです。

構えた感じはこんな感じです。

ここ何年かのテーラーメイド特有のクラウン前方のシルバーの模様が構えやすさを演出しますね。実は私は下手糞なのに上級者向けのようなシンプルなデザインが好みだったりします。でも、やっぱり見た目より性能重視ですよね。

これもテーラーメイド特有の、なんかフェースが被っている感じがします。クラウンのシルバーの部分を真っ直ぐに構えても左に飛んで行きそうです。つかまり重視のフックフェースってやつですね。

さて、実際に打ってみました。

打った感じはメカ感が強いですね。シュパチンって音。芯を食った時の打感はとても柔らかいです。芯を外してしまっても打感は変わらず、飛距離も大した変わらずです。

飛距離はドライバーナイスショットで240ヤード位の私で201ヤードでした。ちなみに一番当たったときの飛距離です。

キャリーが181ヤードでランが20ヤード。高さは普通ですかね。上がりすぎず、低すぎず、良い感じで打てます。凄く打ち易いです。私は好きですが、この不思議な打感は好き嫌いがあるかもしれませんね。

このクラブの特筆すべき点は直進性です。多少変な当たりでも、ちゃんと真っすぐ飛んで行きます。これはコースでは武器になりますね。

デザインが好みだったら候補の上位に食い込むユーティリティなんですが、どうもテーラーメイドのメカメカ感がなぁ・・・。

いずれにしても、性能的には素晴らしいクラブですね。

にほんブログ村 ゴルフブログへ
スポンサーリンク
レクタングル大
レクタングル大

いいね!

フォローする

↓スライスに悩む方にお勧め↓

↓何が何でも100を切りたい方にお勧め↓

↓パットが苦手な方にお勧め↓