パターを真っすぐ打つ練習に最適【スロットトレーナー】口コミ評価・使用レビュー

スポンサーリンク
レクタングル大

パターを真っすぐ打つ練習に最適【スロットトレーナー】口コミ評価・使用レビュー

ボールの軌道を確認することで、正確なインパクトやストロークの確認ができます。

独特なU字形状は、パッティングリーンやパターマットの上を直接ボールを転がすことができ、より実践的なトレーニングができます。

ボールゲートは市販のボールや専用ラバーポスト(別売)、市販のティーを使用して作ることができます。

パターマットでも実際のグリーンでも使用できる優れものです。

実際のラウンドでショートパットで打った瞬間に「外した~!」ってことありませんか?

それはストロークが安定していなくて真っすぐ打てないからです。

これは真っすぐ打つための練習器具ですね。

使い方はこんな感じです。

1.スロットトレーナーのU字をターゲット(カップ)に向けて、ターゲットと直線状態になるようにセットします。

2.U字の底部分にボールをセットします。

3.ボールゲート(U字先端部分の穴)にティー(もしくはボール)をセットして、ボールのゲートを作ります。

4.ボール後方の黒ラインでフェース面のスクウェアを確認して、ボールゲートを通るようにストロークをします。

応用.パターゲートにティーもしくは専用ラバーポスト(別売)を差し込めば、パターストロークの調整も出来ます。

実際にやってみました。

ボールゲートに木のロングティーを逆さにして立てます。

私はストロークも安定していないので、パターゲートにもロングティーを逆さに立ててやってみました。

ボールを打つ前にパターゲートのロングティーにパターが当たってしまいました。

ようするに、真っ直ぐ引いて真っすぐ打つが出来ていないということですね。

ボールを置かずに、パターゲートのティーに触れないようにストロークするだけでも結構難しいです。

最近のパターは多少芯を外してもそれなりに転がるようになっているのでこれでもなんとかなっていたんですね。

パットストロークを根本的に間違えていたようです。

私の場合、腕は使わず、ショルダーストロークで打つとパターゲートのティーに当たらずにストローク出来るようになりました。その代わり今まで培ってきた距離感が失われたような気がしますが・・・。

そこは距離感を掴む練習あるのみですね。

ここをクリアできたら次はボールゲートですね。約30cm先にある2本のティーに当たらずに打ちます。

これもまた難しい・・・。

インパクトで少しでもスクエアから傾いたら絶対に真っすぐ転がりません。

難しいです。

正しい構えかどうかは疑問ですが、少しハンドファースト気味に構えて両手首を固定、ショルダーストロークで打つとパターゲートにもボールゲートにも当たらずに真っすぐ転がりました。

真っすぐ転がるコツをつかんだような気がします。

地味な練習器具ですが、パットが苦手な私には重宝しそうな練習器具です。

ショートパットで無駄な1打を増やしている100切りゴルファーのみなさんにはぜひ一度試してほしいパット練習器具ですね。

にほんブログ村 ゴルフブログへ
スポンサーリンク
レクタングル大
レクタングル大

いいね!

フォローする

↓スライスに悩む方にお勧め↓

↓何が何でも100を切りたい方にお勧め↓

↓パットが苦手な方にお勧め↓