ヨネックス イーゾーンGT フェアウェイウッド 飛距離と口コミ評価・試打レビュー

200ヤードショットのクラブ探し。今回はショップの隅っこにあったヨネックスコーナー、イーゾーンGTフェアウェイウッドの試打レビューです。

スポンサーリンク
レクタングル大

YONEX EZONE GT フェアウェイウッド 飛距離・口コミ評価・試打レビュー

デザインがカッコいいですね。今流行りのカチャカチャ機能も付いています。

ヨネックス イーゾーンGT フェアウェイウッドの概要

ヨネックスのホームページからイーゾーンGTフェアウェイウッドの概要を調べました。
参照元:http://www.yonex.co.jp/golf/clubs/ezone-gt-fairway.html

新発想のフェースデザイン。スラントグルーヴが方向性を安定させ狙って飛ばせる。

フェアウェイウッド
斜めの真実。方向性を高める研究から生まれたスラントグルーヴ(ナナメ溝)

地面からショットするフェアウェイウッド・ユーティリティには、フェースとボールの間に入り込む芝や水を逃がし、スピン量を安定させるための溝が必要になります。左右のばらつきを抑えグリーンを狙っていくため、EZONE GT FW&UTでは、スラントグルーヴ(ナナメ溝)を採用しました。タテ溝や横溝よりも左右のブレが少ないため、方向性が安定します。

インパクト時のバールの動きを比較

新次元カーボンNamd(エヌアムド)全世界に先が欠けてヨネックスが初採用。

大きく撓って素早く戻り、高初速で飛ばせるナノテクシャフト。

【新素材:Namd(エヌアムド)採用で、しなり戻りが速くボール初速がアップ】

全世界に先駆けてヨネックスが初採用した新素材、Namd(エヌアムド)はシャフトのカーボン繊維と樹脂の界面密着力を飛躍的に向上させ、高強度と軽量化を実現。大きく撓りながら素早く戻る、かつてない球押し間でボール初速アップを実現しました。

ヨネックス EZONE GT フェアウェイウッドの試打レビュー

石川遼君と契約が切れてからすっかりショップの隅っこに追いやられてしまったヨネックス。

キャロウェイなってから成績が芳しくないですね。やはりアメリカの壁は高かったのでしょうか。

そんな私は100叩きのドライバーヘッドスピード42~43くらいの小柄非力系アマチュアゴルファーです。

試打クラブは5番18度、純正シャフトのフレックスS、シャフト重量49g、クラブ重量325gになります。

ドライバーと同じく、グリップは普通のラバーグリップです。

ドライバーよりはしなりがあまり感じられませんね。同じシャフトなんですが不思議です。バランスが1.5だからでしょうか。でも、バランス0.5の違いってふつう分からないですよね。

構えたらこんな感じです。

フェアウェイウッドもドライバーと同じくフェースが開いているように見えます。

でもやっぱりこれで真っすぐです。

打感はチーン!って感じの硬めの音ですね。結構気持ちいいです。

ドライバーと同じく、芯が外れてもある程度飛んで行くのでやさしいフェアウェイウッドですね。

飛距離は計測器で199ヤード。弾道は高く上がりやすいです。綺麗なドローで飛んで行きますね。

同じイーゾーンで、同じシャフトでもフェアウェイウッドは普通に打ち易いです。不思議ですね。

非力系なのでこんなものかもしれませんが、5番ウッドだったらもう少し飛距離が欲しいですね。

打ち易くていいフェアウェイウッドでした。

にほんブログ村 ゴルフブログへ
スポンサーリンク
レクタングル大
レクタングル大

いいね!

フォローする

↓スライスに悩む方にお勧め↓

↓何が何でも100を切りたい方にお勧め↓

↓パットが苦手な方にお勧め↓