フォーティーン FH900フォージドアイアンの飛距離と口コミ評価・試打レビュー

現在愛用しているコブラPRO-CB。良いアイアンなんですけど、10年目を迎えてしまいました。古傷も可哀そうで新しいアイアンを探しています。今回はフォーティーンのアスリートモデルFH900FORGEDアイアンを試打してきましたのでレビューします。

スポンサーリンク
レクタングル大

フォーティーン FH900FORGEDアイアンの飛距離と口コミ評価・試打レビュー

シャープで良い顔。なんてカッコいいアイアンなんでしょう。素人はさわんじゃねーよってアイアンに言われていそうです。

FOURTEEN フォーティーン FH-900フォージドアイアンの概要

スウィング精度をさらに高め研ぎ澄まされたショットを生むツアーモデルの軟鉄鍛造アイアン。
“芯を食う”感触がダイレクトかつ繊細に伝わり、研ぎ澄まされたショットをもたらす上級者好みの軟鉄鍛造アイアン。ツアープロやスクラッチプレーヤーが求めるインテンショナル性を持ちながらも、キャビティ部に薄肉部分を配して爽快な初速感を実現しています。大型ヘッドで初速感の高いドライバーとのフィーリングを合わせているため、ウッドからアイアンへのフローもスムーズです。

初速感の高いドライバーに感触を合わせた軟鉄鍛造アイアン
粘るような打感の軟鉄鍛造と、球を高速で弾き返す初速感のあるドライバーでは、インパクトの感触が大きく異なります。この違和感を払拭し、ドライバーからアイアンへのスムーズなフローをめざすために、軟鉄鍛造アイアンに初速感を持たせたのがこの軟鉄鍛造アイアンです。ボールを柔らかくとらえて弾き出すような打感は、このモデルに特徴的な手応えです。

イメージ通りにコントロールできるストレートネック
コントロール性に優れたストレートネックでありながら、球をしっかりつかめるイメージのあるヘッド構造。球をしっかりとらえてラインを出して打っていけます。

フォーティン FH900フォージドアイアンの試打レビュー

ロフト設定は3番20度、4番23度、5番26度、7番33度、8番37度、9番41度、PW46度です。セットは5番~PWの6本セットになってます。

7番のロフトが33度って時点で飛びを諦めた上級者用ですね。剛腕で飛ばしてくださいとのフォーティーンからのメッセージです。

シャフトもN.S,PRO MODUS3 TOUR105のSとDYNAMIC GOLDのS200の2種類です。カーボンシャフトなんてヤワなシャフトの設定はありません。

2本とも手元調子なので、それに合わせたヘッドなんでしょうか。

今回試打したクラブは7番33度、モーダス105装着仕様です。クラブ重量420g、シャフト重量106.5g、バランスD1.5です。

グリップを握ってフルフルとワッグル。2種類のシャフトの軽い方なのに結構ずっしり感があります。バランスD1.5とは思えないくらいヘッドの重みを感じますね。

構えたらこんな感じ

薄い。なんて薄いアイアンなんでしょう。グースもほとんどなし。美しいアイアンです。

DG刺さった試打クラブでバシっと試打したいんですが、私は165cm、55kg、ドライバーヘッドスピード42~43位でスコア100前後のアマチュアゴルファーなので、そこんとこよろしくお願いします。

打感はマイルドかつ弾き感あり。柔らかいのに初速が速い感じがします。

直進安定性なんて腕次第、飛ぶ方向なんて打者次第なんだよ。そうクラブが言ってます。

ドローヒッターの私が右にばかり飛んで行きます。

やっと打てたナイスショット。中弾道でストレート飛距離は153ヤード。ロフトを考えたらこんなもんでしょう。私は非力系男子なので。

上級者ならドローもフェードも高い球も低い球も思いのまま。そんなアイアンです。

私もその口ですが、すこしオーバースペックのアイアンを買って上を目指す。そんなアイアンの選び方も十分ありだと思いますが、このFH900フォージドは初心者にはお勧めしないですね。アイアンショットが嫌になりそうです。

いつかはFH900フォージド。そんな夢見たくなるアイアンです。

にほんブログ村 ゴルフブログへ
スポンサーリンク
レクタングル大
レクタングル大

いいね!

フォローする

↓スライスに悩む方にお勧め↓

↓何が何でも100を切りたい方にお勧め↓

↓パットが苦手な方にお勧め↓