フォーティーン TC544フォージドアイアン 飛距離と口コミ評価・試打レビュー

私の愛用しているコブラPRO-CBも10年目の節目を迎え、そろそろ新しいアイアンが欲しくなってきました。今回はフォーティンのTC544フォージドアイアンを試打してきましたのでレビューします。

スポンサーリンク
レクタングル大

フォーティーン TC-544FORGEDアイアンの飛距離と口コミ評価・試打レビュー

綺麗なバックフェースですね。これぞフォーティーンというデザインです。私の好みです。

FOURTEEN フォーティーン TC-544フォージドアイアンの概要

フォーティーンのホームページからTC544フォージドアイアンの概要を調べました。
参照元:http://www.fourteen.co.jp/products/iron/tc-544fg/

軟鉄鍛造アイアンをここまで打ちやすく。振って、飛んで、狙えるアイアンです。
コンセプトは「誰もが打ちやすい軟鉄鍛造アイアン」。軟鉄鍛造の中で最大級にヘッドを大きく、重心を低く設計して、アベレージゴルファーからシニアまで幅広いプレーヤーのために開発したアイアンです。ラクに打てて今までより飛びやすいため、想定より飛んでしまうかもしれませんのでご注意を。心地よい打感とバランスのいい性能で、ゴルフの楽しさを格上げしてくれます。

フルキャビティ・アンダーカット設計の“楽打ち&飛び系”軟鉄鍛造アイアン
キャビティ部をヒール方向に拡大し、軟鉄ヘッドでは最大級のフルキャビティ・アンダーカット構造を持たせました。広いスウィートエリアとともに、心地いい飛距離性能を実感できるアイアンです。

軟鉄鍛造では難しかった単一構造アンダーカットキャビティ
単一構造の軟鉄鍛造ヘッドでは難しいとされたキャビティのアンダーカットを、フォーティーンならではの設計力で実現しました(5~8番)。軟鉄鍛造ならではの打感とともに、心地いい初速感とヒット感を生み出しています。

飛距離と安定性能を両立させた番手別重心位置設計
ロング番手からショート番手まで、どの番手を手にしても一番手上の距離を飛ばせる番手別重心設計。クラス最大級の深い深度を併せ持ち、飛距離だけでなくピンポイントに狙って飛ばせます。

セミグースネック、ワイドソールで構えやすく抜けがいい
構えやすく操作性の高いセミグースネックのセミサイズヘッドに、ソールは抜けのいいワイドソールを採用。どんなライでも抜けがよく、ダフりのミスを軽減してくれます。

フォーティーン TC544フォージドアイアンの試打レビュー

番手設定は5番23度、6番26度、7番30度、8番34度、9番38度、PW42度、P/A47度です。セット販売は5番~PWの6本セットですね。

試打クラブは7番30度、N.S.PRO 950GH HT フレックスSです。シャフト重量98g、クラブ重量409g、バランスD0です。

グリップを握って持った感じは結構軽いかなという感想。バランスD0ですからね。何も考えずに振りやすそうです。

構えた感じはこんな感じ

薄いトップラインが綺麗ですね。若干のグースネックがつかまりの良さを計算してます。あと、ソール幅が結構広いです。もう少しシャープだったら100点なのにw。

軟鉄鍛造だけあって打感は良いです。柔らかく、それでいて反発が強くて初速が速いですね。

NS950のHTシャフトなので球が上がりやすいシャフトのおかげか、7番とは思えないくらい球が上がりました。9番並みの高さです。

直進性は高いですね。軟鉄鍛造にしては操作性よりも直進安定性に設計したアイアンのようです。

飛距離は165ヤード。高弾道、ストレートボールでした。ドライバーヘッドスピードが42~43くらいの私には7番で160ヤード台の飛距離は十分でしょう。

軽くて打ち易いということは、ハードヒッターにはちとアンダースペックですね。DGとか、950より重いシャフトの設定は無いようです。

初心者がカッコいい上級者っぽいアイアンが欲しい!って思ったらこのTC544フォージドアイアンを間違いなくお勧めしますね。

にほんブログ村 ゴルフブログへ
スポンサーリンク
レクタングル大
レクタングル大

いいね!

フォローする

↓スライスに悩む方にお勧め↓

↓何が何でも100を切りたい方にお勧め↓

↓パットが苦手な方にお勧め↓