キャロウェイ APEX PROアイアン 飛距離と口コミ評価・試打レビュー

現在愛用のコブラプロCBも10年目を迎え、古傷が目立ってきました。そろそろ新しいアイアンが欲しいなぁとショップを物色していたところ、キャロウェイのAPEX PROアイアンがありましたので試打レビューします。

キャロウェイのAPEXアイアンも試打しました。
キャロウェイ APEXアイアン 飛距離と口コミ評価・試打レビュー

スポンサーリンク
レクタングル大

キャロウェイ APEXプロ アイアン 飛距離と口コミ評価・試打レビュー

小顔、軟鉄鍛造ワンピース(#6~PW)#3~#5は軟鉄+タングステンウエイト付き。アスリートモデルの仲にもやさしさが感じられますね。

キャロウェイ APEX PROアイアンの概要

キャロウェイ公式ホームページよりAPEX PROアイアンの概要を調べました。
参照元:https://www.callawaygolf.jp/products/クラブ/アイアン/irons-2016-apex-pro-16-jv.html

プレシジョン・チューン・ウェイト採用。ソフトな打感とコントロールをもたらす軟鉄鍛造アイアン
「APEX PRO アイアン」は、番手ごとに最適重心を可能にするプレシジョン・チューン・ウェイティングを新たに搭載。これにより、 I#3-I#5では低重心化を実現し、ボールが上がりやすく、高弾道でグリーンを狙うことを可能にしている一方、ミドルアイアンでは適度な低重心化、ショートアイアンではより高めの重心とし、ピンをデッドに狙えるコントロール性能を生み出しています。ヘッドは軟鉄鍛造で、エラストマー装着のメダリオンも加わり、上級者が好むソフトなフィーリングも実現しています。

ツアープログレッシブオフセット設計
番手別にオフセットを最適化。ロングアイアンはつかまりを高め、ショートアイアンはつかまりを抑えることでコントロール性能を高めています。

ソフトフィール
軟鉄特有のソフトなフィールと、エラストマー装着のメダリオンとの組み合わせが、インパクトでのソフトなフィールを実現。

プレシジョン・チューン・ウェイト
バックフェースの“FORGED”のメダリオン内部にウィとホール(穴)を内蔵することで、番手ごとに最適な重心位置に設計。全番手を通して、コントロール性を高めています。I#3~5は、ウェイトホールにタングステンを内蔵することで、低重心でボールを上がりやすく設計。高弾道でグリーンを狙うことができます。I#6~PWは、ウェイトホールを設け、ソール部分の重さをチューンすることで、ミドルアイアンは適度な低重心に、ショートアイアンはより高めの重心に、それぞれ設計し、コントロール性能を高めています。

キャロウェイ APEXプロアイアンの試打レビュー

番手設定が3番21度、4番24度、5番27度、6番30度、7番34度、8番38度、9番42度、PW46度となっています。見事に私が使用しているコブラのPROCBと同じロフトです。嬉しいですね。

シャフトはダイナミックゴールドのS200、モーダスツアー120、N.S.PRO950の3種類からえらべます。

DGでビシっと試打したいところですが、私は小柄非力系ゴルファーでヘッドスピード42~43くらいしかないので、NS950の試打クラブがあってホッとしました。

試打クラブは7番34度、バランスD0なので、少し軽く感じました。

構えた感じは良いですね。小顔でシャープ。薄いトップラインが美しいです。

バックフェースもシンプルでカッコいいのでキャロウェイでアイアン買うならこれ一択ですね。あとは腕が付いてこればいいのですが。

打感はとてもソフト。柔らかい感触でパシ!っといい音なりますね。ブレるとバキ!って変な音と共に手に失敗した気持ち悪い感触が伝わってきます。

でも、芯がブレても結構飛びますね。私のプロCBよりやさしいみたいです。

飛距離は7番34度で153ヤード。非力な私ではこんなもんです。でも良いんです。これから上達して体力も付くんですから。

このアイアン、多分もうすぐモデルチェンジ時期で今買い時かも。欲しい。

にほんブログ村 ゴルフブログへ
スポンサーリンク
レクタングル大
レクタングル大

いいね!

フォローする

↓スライスに悩む方にお勧め↓

↓何が何でも100を切りたい方にお勧め↓

↓パットが苦手な方にお勧め↓