タイトリスト VG3 2018アイアン 飛距離と口コミ評価・試打レビュー

長年愛用してきたコブラPRO-CBももう10年前のモデル。最新のアイアンは飛ぶし簡単だと評判なので、今回はタイトリストでも特にやさしいと評判のVG3アイアンを試打してきましたのでレビューします。

2018VG3シリーズ全部試打しましたよ。
タイトリスト VG3 2018ドライバー 飛距離と口コミ評価・試打レビュー
タイトリスト VG3 2018フェアウェイウッド 飛距離と口コミ評価・試打レビュー
タイトリスト VG3 2018ユーティリティ 飛距離と口コミ評価・試打レビュー

タイトリスト VG3アイアン 飛距離と口コミ評価・試打レビュー

良い顔ですね。簡単系にしては派手過ぎず。さすがタイトリスト。

タイトリストVG3アイアンの概要

タイトリストのホームページからVG3アイアンの概要を調べました。
参照元:https://www.titleist.co.jp/golf-clubs/irons/vg3-irons/

飛びを極めた軟鉄鍛造アイアン
NEW VG3アイアンは、軟鉄鍛造アイアンならではのソフトフィーリングとシャープな見た目はそのままにさらにミスに対する許容性を高め、大きな飛距離を獲得します。

大きな飛びと抜群のフィーリング
フェース・ネックを一体で鍛造成形し、打感を向上。 薄肉フェースによる高い反発性能もタングステンウェイトの配置によって飛距離性能を格段に向上しています。

ディープアンダーカット、薄肉フェース
ディープアンダーカット設計により、ボールの上がりやすさとミスに対する高い許容性を発揮します。さらに薄肉フェースによる高い反発性能を生み出します。

フェース・ネック一体鍛造で飛び+打感アップ!
フェース・ネックを一体で鍛造成形することで優れた打感と薄肉フェースによる高い反発性能を生み出します。

タングステンソール&トゥ・ヒールウェイトでやさしさ向上!
ソールとバックフェースを比重の大きいタングステンで成形し、低・深重心を徹底追求。さらにトゥ・ヒールにタングステンウェイトを装着し、許容性(慣性モーメント)を向上させています。


タイトリストVG3アイアン試打レビュー

VG3アイアンのロフト設定は4番22度、5番24度、6番27度、7番30度、8番34度、9番39度、PW44度です。今となっては普通のロフト設定ですね。セット購入だと6番~PWの5本セットで4番、5番は単品購入です。

今回試打したクラブは7番30度、N.S.PRO 950GHのフレックスSです。シャフト重量98g、クラブ重量412g、バランスD1です。

スペック上、このくらいのアイアンが一番自分に合いそうです。

グリップを握って持った感じも違和感なしで軽ーく素振りできます。

構えたらこんな感じ。

タイトリストにしてはヘッドが大き目、ソール幅も広めですね。アスリートモデルとは違い、簡単飛び系を狙っているのは一目で分かります。

打感は軟鉄鍛造だけあって柔らかいです。パシって音で、球も上がりやすい。

使い慣れた950シャフトというのもあるのでしょうが、何の違和感もなく打てます。

フェースもスクエアで構えやすいですね。グースは若干ありますが、捕まりを良く、やさしくするためにはこのくらいのグースは必要でしょう。

もともとドローヒッターの私、ナイスショットはやっぱりハイドローの球筋でした。

ミスヒットしても多少芯を外したくらいなら飛距離は大した落ちません。やっぱりやさしくできたアイアンです。

飛距離は7番で165ヤード。今私の使用アイアンの6番がたしか30度で同じなのですが、だいたい160ヤード前後と考えると、飛距離性能は高そうです。

捕まりが良いからスライスは出にくいですね。力むと左に引っ掛けます。これはNS950装着アイアンでも同じかな。

簡単でやさしいタイトリスト。らしくないと言えばタイトリストらしくないかも。でもVG3といえばVG3らしい。タイトリストもVG3で良いブランドイメージをつくりあげましたね。

にほんブログ村 ゴルフブログへ
スポンサーリンク
レクタングル大
レクタングル大

いいね!

フォローする

↓スライスに悩む方にお勧め↓

↓何が何でも100を切りたい方にお勧め↓

↓パットが苦手な方にお勧め↓

スポンサーリンク
レクタングル大