ヤマハ RMX218アイアン(リミックス218) 飛距離と口コミ評価・試打レビュー

10年選手で傷だらけのコブラプロCBの後輩となるアイアンを探してアイアンを試打しまくってます。今回はヤマハのリミックス218を試打したのでレビューします。

一緒にRMX118も試打したのでのせときます。
ヤマハ RMX118(リミックス118)アイアンの飛距離と口コミ評価・試打レビュー

スポンサーリンク
レクタングル大

YAMAHAGOLF ヤマハゴルフ RMX218 リミックス218アイアン 試打レビュー

ポケットキャビティですね。優しい飛距離系のアイアンです。

ヤマハ RMX218アイアンの概要

ヤマハ公式ホームページからリミックス218アイアンの概要を調べました。
参照元:http://golf.yamaha.com/world_of_rmx/iron.html#rmx218iron

反発エリア拡大、プラス1番手の飛び。
直進安定性がアップrして、より狙いやすく進化。

進化した+1番手の直進安定性。
・ストレートボール構造
飛距離のアドバンテージを生かしてグリーンを狙うために、トゥ側に重量を分配し、横慣性モーメントを拡大。プラス1番手の飛びがかつてない直進安定性を身につけた。

反発エリアをさらに拡大。
反発力の高いマレージング鋼の弾きを全周アンダーカット構造でさらに強化。偏肉フェースの装備で反発エリアを大幅に拡大。打点ブレに強く、安定したショットを実現する。

シャフトはFUBUKI Ai2 IRON 50(SR/R)カーボンシャフトとオリジナルスチールのN.S.PRO RMX95(S)/85(R)の2種類あり。
グリップはオリジナルラバーJ100ロゴ裏45gバックラインあり。

ロフトは5番24度、6番27度、7番30度、8番34度、9番39度、PW44度と普通のロフト設定です。

ヤマハ RMX218アイアン 飛距離と口コミ評価・試打レビュー

試打クラブは7番30度、N.S.PRO RMX95(S)オリジナルスチールになります。バランスD1、シャフト重量408gです。セットは6番~PWの5本セットになります。

私は平均スコア100、ドライバーヘッドスピード43前後のアマチュアゴルファーですので、そこを踏まえてレビューを読んでください。

このリミックス218、構えた感じはこんな感じです。

結構グースが付いてます。ソール側が丸まってますね。そして、ソールが凄く幅広いです。

ぶっ飛び簡単系を狙ったにしてはロフトは普通です。オリジナルスチールシャフトとなっていますが、NS950GHと同等と考えてほぼ差し支えないのではないかな。

実際に打ってみると、打感は割と固めです。カシ!っという音とともに高弾道で飛んで行きます。

直進性は高いですね。普段ドロー打ちの私ですが、ほぼストレートです。右にはほとんどいきません。

ヘッドは易しいヘッドです。多少芯を外しても、手に感触があまり伝わらず、飛距離もそんなに落ちません。

飛距離は計測器で7番アイアンで160ヤードでした。非力系の私にしては飛距離性能は十分じゃないでしょうか。

簡単系でゴルフ初心者、100切りの私くらいのレベルには良いアイアンだと思います。

にほんブログ村 ゴルフブログへ
スポンサーリンク
レクタングル大
レクタングル大

いいね!

フォローする

↓スライスに悩む方にお勧め↓

↓何が何でも100を切りたい方にお勧め↓

↓パットが苦手な方にお勧め↓