PRGR プロギア RS FORGEDアイアン 飛距離と口コミ評価・試打レビュー

10年近く使い込んだコブラPRO-CBが傷だらけになってしまい、最近可哀そうになってきました。新しいアイアンを探してショップで試打巡りをしているんですが、今回はプロギア新作のRS FORGEDアイアンを試打してきましたのでレビューします。

一緒にRSアイアンも試打しました。
PRGR プロギア 2018 RSアイアン 飛距離と口コミ評価・試打レビュー

スポンサーリンク
レクタングル大

PRGR プロギア RS FORGEDアイアン 試打レビュー

飛び+操作性。こだわりの、新RS フォージドアイアン。
・薄肉高強度板版フェース、フェース裏溝加工で飛距離を確保しながら、振動減衰剤「FLASH ONE※1」の採用で、吸い付く打感を実現。
・「実打点」(ソールから17mm。アマチュアゴルファーの平均打点)の反発性能をさらに高めたヘッド。
・構えやすいストレートネックのコンパクトヘッド。調角可能な軟鉄鍛造。

鍛造軟鉄にしてはちょっとゴテっとしたデザインですね。

PRGR プロギア RSフォージドアイアンの概要

プロギア公式ホームページより、RSフォージドアイアンの概要を調べました。
参照元:https://www.prgr-golf.com/product/irons/18-rs-forged-irons.html

さすが、新テクノロジー満載ですね。

シャフトは2種類。

スペックスチール3Ver.2「番手別ウェイト・キックポイントフロー設計。」

ダイナミックゴールド 120/105「DGのフィーリングはそのままに、軽量化を実現。」

さすがアスリートモデルのフォージドアイアン。カーボンシャフトなんてヤワな設定はありません。

スペック表はこんな感じです。

4番22度、5番24度、6番27度、7番30度、8番34度、9番39度、Pw44度ですね。

バリバリのアスリートモデルよりはロフトが立っているようです。私のPRO-CBは7番で34度ですからね。一番手違います。

プロギア RS FORGEDアイアン 飛距離と口コミ評価、試打レビュー

試打クラブは7番30度、スペックスチール3Ver.2のフレックスS、シャフト重量93g、総重量422g、バランスD1というスペックです。

ちなみに私のスペックはヘッドスピード43位、平均スコア100前後のアマチュアゴルファーです。フォージドアイアンの試打レビューは厳しいかって?そんなことありません。10年愛用したアイアンもフォージドですから。

構えた感じはこんな感じです。

トップブレードがやや厚めですね。

ヘッドの大きさはRSアイアンに比べると明らかに小顔です。

ややグースが付いていますが、グースが苦手な人でも気になる程度ではないかと思われます。

握りなれたラバーグリップが安心してクラブを振れます。

シャフト重量がNS950に近く、キックポイントが分かりませんが、950と似たような感覚で振れますね。

実際に打ってみると、上級モデルとは思えないほどやさしいです。球も上がりやすいです。

打感は凄く柔らかいですね。さすが鍛造軟鉄アイアン。芯を食ったら本当に気持ちいいです。

芯を外すと微妙に嫌な感触が手に伝わりますね。そこはある程度上級者も納得の仕様でしょうか。

飛距離は7番アイアンで153ヤード。RSアイアンと比べてロフトが1度しか違いませんが、やはり飛距離は多少落ちるんですね。

RSアイアンが初心者向けに作られ、このRSフォージドは中・上級者向けに作られたと考えると、このアイアン、すごく優しいと思います。

私がつかってもある程度いけそうです。RSアイアンに良い打感と操作性をプラスした感じのアイアンですね。

デザインが好みなら欲しいです。性能は抜群です。でも、フォージドアイアンってもっとシンプルでシュッとしているイメージが欲しいですね。

にほんブログ村 ゴルフブログへ
スポンサーリンク
レクタングル大
レクタングル大

いいね!

フォローする

↓スライスに悩む方にお勧め↓

↓何が何でも100を切りたい方にお勧め↓

↓パットが苦手な方にお勧め↓