PRGR プロギア 2018 RSアイアン 飛距離と口コミ評価・試打レビュー

約10年使い続けたコブラPRO-CBもずいぶんと傷だらけになり、可哀そうになってきたので新しいアイアンを探しています。今回はプロギア新作のRSアイアンを試打してきましたのでレビューします。

RSフォージドアイアンも試打したのでレビューです。
PRGR プロギア RS FORGEDアイアン 飛距離と口コミ評価・試打レビュー

スポンサーリンク
レクタングル大

PRGR プロギア 2018 RSアイアン 試打レビュー

飛びとやさしさが心地よく集結。新RS アイアン。
・薄肉L CUPマレージングフェース、フェース裏溝加工で反発性能を高め、 振動減衰剤「FLASH ONE※1」による柔らかな打感を実現。
・「実打点」(ソールから17mm。アマチュアゴルファーの平均打点)の反発性能をさらに高めたヘッド。
・低重心のセミグース・コンパクトヘッド。調角可能な軟鉄鋳造。

PRGR プロギア 2018 RSアイアンの概要

プロギア公式ホームページより、RSアイアンの概要を調べました。
参照元:https://www.prgr-golf.com/product/irons/18-rs-irons.html

シャフトは3種類あります。

・Diamana[TM]for PRGR  スムーズなしなり感と適度なシッカリ感で飛びと方向性を実現。

・スペックスチール3Ver.2 番手別ウエイト・キックポイントフロー設計。

・ダイナミックゴールド105 DGのフィーリングはそのままに、軽量化を実現。

こんな感じのスペック評価です。

ホームページからもプロギアの真面目さが伝わってきますね。

プロギア RSアイアン 飛距離と口コミ評価・試打レビュー

ちなみに、私のスペックは身長165cm、体重55kg、ドライバーヘッドスピード42~43位、平均スコア100くらいのアマチュアゴルファーです。

試打クラブは7番ロフト29度、スペックスチール3Ver.2のSです。クラブ重量422g、バランスD1、シャフト重量93g、シャフトトルク1.9です。

いつもの定番のNS950を使わないあたりはプロギアの拘りなんでしょうか。

スペック的には私に合いそうです。

このアイアン、セットは6番~PWの5本セットだそうです。5番はユーティリティ使ってください。もしくは単品でどうぞ。みたいな感じですね。

たしかに私も5番と6番の距離が変わらなくて、5番アイアンと同等飛距離のユーティリティを考えていたりしますw。

クラブを持ってみたところ、安心のラバーグリップですね。コンパウンドやコードは固くて馴染めません。と言いつつ所有しているスプーンはコード入りのグリップですが。いつか変えてやろう。

やっぱりNS950っぽいですね。ちょっとだけそれより柔らかいかな。

構えてみたらこんな感じです。

けっこう肉厚でグースネックですね。肉厚でもトップラインの幅が一定で尖端まで続いているのでデザイン的にはスッキリしてます。

構えた感じはちょっと被り気味になってしまいました。真っすぐ構えるのに慣れが必要なようです。

実際に打ってみると、ポケットキャビティの恩恵がすごく受けられます。

スコア100前後の私は常に芯で捉えることなどできないのですが、ある程度、芯を外してもそれなりに飛んで行きます。

弾道も高く、打ち易いです。

そして特筆すべきは芯を食った時の打感。鍛造ではありませんが、軟鉄ですから。

フォージドアイアンのような柔らかい食いつくような気持ちい打感です。

直進性は高いですが、ドロー、フェードは打ちにくいでしょう。そこはポケットキャビティの宿命ですね。やっぱり初心者向けアイアンです。

飛距離は7番29度で157ヤード。まずまずでしょう。球が上がるので、私のようにスピンをかけられなくてもグリーンで止まりそうですね。

球も上がりやすく、ミスに強く、打感もいい。デザインが気に入れば購入の候補に挙がるアイアンです。

にほんブログ村 ゴルフブログへ
スポンサーリンク
レクタングル大
レクタングル大

いいね!

フォローする

↓スライスに悩む方にお勧め↓

↓何が何でも100を切りたい方にお勧め↓

↓パットが苦手な方にお勧め↓