スリクソンZ785ドライバー 飛距離と口コミ評価・試打レビュー

最新の飛び系ドライバーを探してクラブ試打しまくってます。今回はZ585同様、2018年スリクソンの新作スリクソンZ785ドライバーを試打してきましたのでレビューします。

先にZ585も試打しました。
スリクソンZ585 ドライバー 飛距離と口コミ評価・試打レビュー

スポンサーリンク
レクタングル大

SRIXON スリクソンZ785ドライバーの試打レビュー

先に試打したZ585と違いが良く分かりません。違いは後ほど説明します。

スリクソンZ785ドライバーの概要

スリクソンのホームページからZ785ドライバーの概要を調べました。
参照元:https://golf.dunlop.co.jp/products/srixon/club/z85/wood/z785.html

圧倒的な飛距離性能とやさしさ。クラブを操る喜びも忘れない スリクソン Z785 ドライバー。

Z785もZ575同様にカーボン調のクラウンです。

Z585と違い、カタログにシャフトが2種類あります。

Miyazaki Mahanaカーボンシャフト これはZ585と同じシャフトですね。

Miyazaki MIZU6カーボンシャフト これがZ785にラインナップされたシャフトです。フレックスがXで58g、Sで56.5g、SRとRなんていうヤワな設定はありません。これぞスリクソン。


Miyazaki MIZU6カーボンシャフトは硬度Xで対応ヘッドスピードが45~52、Sで42~49となっています。これぞアスリート仕様ですね。

ロフトは9.5と10.5の2種類です。ヘッド体積460cc、クラブ長さ45.25はZ585と同じ設計です。

スリクソンZ785ドライバーの飛距離と口コミ評価・試打レビュー

先に試打したスリクソンZ585との違いがぱっと見分かりません。数秒見比べて大きな違いを発見。Z785にはロフト調整のカチャカチャ機能が搭載されています。

そのせいで、若干ソールのデザインが違います。ホントに若干ですが。

あとは同じヘッドに見えますね。色もデザインも。純正ハードスペックなシャフトが選べるのでZ785の方がアスリート向けに振ってるんでしょうかね。

Z585はSRで試打したので、Z785はMiyazaki HamanaカーボンのSにしました。

カチャカチャ機能は真ん中に合わせて貰っています。

グリップも一緒。ソールを見なければZ585かZ785か見分けがつきません。

ワッグルした感じはシャフトがSになったぶんだけ少し硬いでしょうか。気のせいでしょうか。私に判別できるレベルでしょうか。

先程も書きましたが、私のスペックはヘッドスピード42~43、平均スコア100前後のレベルです。

では実際に打ってみましょう。構えた感じもZ585と一緒です。

打感はややZ785の方が固いでしょうか。調整機能の分、シャフト尖端に重量がかかって微妙にフィーリングが違うような気がします。

打音は同じですね。シュパーンと良い音を立てて飛んで行きます。

シャフトをSにしたせいか、少し打球の高さが低くなりました。でも全然許容範囲です。

打ちやすさ、やさしさ、クラブの許容性なんかはZ585もZ785も同等です。

飛距離はキャリーで205ヤード、ラン込みで233ヤード飛びました。

Z785の方が飛距離性能が高いのか?と思いましたが、ショップ店員曰く、シャフトがSの方があっているから。とのことでした。

私がこのドライバーを購入する際にはフレックスSを選択するべきだそうです。

Z585とZ785どっち?と言われればカチャカチャ機能付きのZ785ですかね。

スリクソンらしいかと言われれば少しアスリートイメージから離れた気もします。

しかし、どちらも打ちやすくて本当に良いクラブです。

スコア100前後の腕前でも武器になるドライバーです。

にほんブログ村 ゴルフブログへ
スポンサーリンク
レクタングル大
レクタングル大

いいね!

フォローする

↓スライスに悩む方にお勧め↓

↓何が何でも100を切りたい方にお勧め↓

↓パットが苦手な方にお勧め↓