理にかなったゴルフスイングが身につく【ゴルフスイング物理学】を実践してみた

スポンサーリンク
レクタングル大

理にかなったゴルフスイングが身につく動画レッスン【ゴルフスイング物理学】を実践!

プロゴルファーの感覚論ではなく、物理的な原理や体の仕組みなどの理屈に沿ったスイング理論やトレーニング方法を学ぶことができる動画レッスンです。
飛距離アップや綺麗なスイングを身につけたいというすべてのゴルファーにオススメです!

こんなセールトークなゴルフスイング教材ってたくさんありますよね。

私もたくさん実践してきました。

「これはためになる!」と思うものから「いや~。これはちょっと私には合わないなぁ~。」とそんなものまで。

かく言う私もゴルフ歴は10年以上だけど永遠の100叩きです。

この【ゴルフスイング物理学】は、良いか悪いかは人それぞれとして、結構タメになります。

なぜなら感覚論が全くありません。

すべては体の動きの法則の理屈のみ。

個人差はかなりありますが、人間の体は動くようには動くけど、動かないようには動きません。

健常者なら誰でも動くポイントを重視して物理的に効率の良い、綺麗なスイングを教えてくれます。しかも理屈で。



今まで見たレッスン教材だと、結構人それぞれの感覚に拠る部分が多いんですよね。

「頭を動かすな」とか、「腰の位置を動かすな」とか、「手に力入れるな」とか、「腕に力入れるな」とかね。

腕に力入れなかったらバックスイングできねーよ。

手に力入れなかったらクラブ吹っ飛んでくよ。

そう突っ込みたくなりませんか?

私はなりました。

結局それって「力入れるな」を「どのくらいまで力を入れればいいか」って自分の脳内で考えて実行しなきゃいけないんです。

人間って機械じゃないですからね。

車だったらスピードメーター見ながら60km/hで走れますよ。アクセル半分とか踏めますよ。

人間にそんなことできますか?全力疾走の半分のスピードで走ってくださいって。正確にそんなスピードで走ることできますか?

ゴルフ教材で教えてくれる理論って結局そういうものばっかりなんですよね。

しかし、この【ゴルフスイング物理学】は少し毛並みが違うようです。

レッスン動画は少し堅苦しい感じもあります。

でも私が思ったのは「バックスイングで頭が動いても良い。右に傾いても良い。インパクトで戻ってくれば良い。」

なるほどですね。そうですよね。頭動かさなかったらゴルフスイングどころじゃありませんよね。

そういう類の説明を詳しくしてくれます。

この【ゴルフスイング物理学】を理解してから自分の感覚に頼るスイングを身に着ければ凄く再現性の高いスイングが出来上がりそうですよ。

お勧めはやっぱりスイングが安定しない初心者です。

自分に合ったコースを選べてコースによって値段が変わります。

1.全受講
2.飛距離アップ編のみ受講
3.ステップ1~3のみ受講

購入するとレッスン動画のURLを教えてくれます。

私は全受講を買っちゃいました。ゴルフ以外にも体の構造なんかも詳しく教えてくれて、フィジカル健康マニアの私には大満足の内容でした。

↓興味のある方はこちらの公式ホームページへどうぞ↓