初心者のゴルフ練習法 フックの原因と対策

スポンサーリンク
レクタングル大

初心者のフックの原因と対策

こんにちは。H:Uです。

今回はフックについて考えます。

ゴルフを始めたばかりの初心者の場合、スライスを修正しているとフックになってしまうということがよくあります。

関連記事
スライスの原因と対策
プッシュスライスの原因と対策

原因はグリップとスイング軌道にあることが多いです。

ですので、今回はグリップについて考えてみます。

その前に、鏡の前で素振りは毎日やっていますか?

自分のスイングが安定していないと、その日その時で打球が安定しません。

自分なりにキレイでスムーズに振れるスイングを早く安定させてくださいね。

関連記事→鏡の前で素振りです。

フックの原因

・インパクトでクラブフェースが左を向いている。

・インパクトで右手に力が入りすぎ。

・ダウンスイングで左肩が下がって右肩が前に出る。

原因は様々ですが、一つずつ検証していきます。

インパクトでクラブフェースが左を向いている

これに関しては、アドレスのグリップが影響している可能性が高いです。

クラブを持ってゆっくり素振りします。

何度かゆっくり素振りします。

何度目かのインパクトのところで止めます。

フェースを確認してください。

そこでクラブフェースが左を向いていませんか?

ちなみに、素振りして問題無いのに実際に打つと問題があるということが結構あります。

その場合、自分では意識していなくても、素振りと実際に打つ時のスイングが全然違うスイングになっているということがあります。

いつも「素振りの時は実際に打つつもりで、実際に打つ時は素振りのつもりで打つ」ことが大切です。

話はグリップに戻りますが、インパクト時に左を向いていることが確認できたら、その位置でフェースを真っすぐに持ち替えます。

それで何度か打ってみて下さい。左曲がりが修正されると思います。

インパクトで右手に力が入りすぎ

これもインパクトでフェースが左に向く原因になります。

スライスを修正する過程でインパクトに向けて引っ張り気味に打つとスライスが修正されることがあります。

しかし、やりすぎると今度はフックになります。

初心者の内は手首のコックは意識せず、スイングの過程で勝手にコックされる感覚を磨くといいと思います。

具体的な方法としては、右手の親指と人差し指を離してグリップしてスイングしてみて下さい。

意識的に右手を使わないでスイングするといい結果になるはずです。

ダウンスイングで左肩が下がって右肩が前に出る。

左に飛び出して左に曲がる現象に悩まされたらこれを疑ってみましょう。

これは全身に力が入ると起こります。

左右の肩は力を入れず、前後上下左右は自然と動く範囲でしか動かさないようにしましょう。

いかがでしょうか?

スライスの修正とフックの修正を繰り返していくとまっすぐ飛ぶ時のスイングの感覚が出てくると思います。

練習場ではイライラせずに、一発と一発の間に深呼吸と素振りを必ず入れて、平常心で自分のスイングを研究しましょう。

にほんブログ村 ゴルフブログへ
スポンサーリンク
レクタングル大
レクタングル大

いいね!

フォローする

↓スライスに悩む方にお勧め↓

↓何が何でも100を切りたい方にお勧め↓

↓パットが苦手な方にお勧め↓