SRIXON(スリクソン)Z765ドライバー口コミ評価・試打レビュー

私、今コブラのS2という古いドライバーを使っています。飛距離は200ヤードくらい、たまにナイスショットが出て230ヤード。最近のドライバーは良く飛ぶと話を聞き、スリクソンのZ765ドライバーを試打してきましたのでレビューします。

関連記事→スリクソンZ565ドライバー試打レビュー

スポンサーリンク
レクタングル大

SRIXON(スリクソン)Z765ドライバー試打レビュー

SRIXONのホームページより、Z765ドライバーの概要を調べてきました。

スリクソンZ765ドライバーの概要

しっかり叩いて中弾道で飛ばす。スリクソン Z765ドライバー。

ロフト角は9.5度と10.5度の2種類があります。


[1] Miyazaki Kaula MIZU 6 シャフト 1本(#1)メーカー希望小売価格 ¥68,000+税

[2] SRIXON RX カーボンシャフト 1本(#1)メーカー希望小売価格 ¥63,000+税

[3] Diamana BF60 カーボンシャフト※特注生産 1本(#1)メーカー希望小売価格 ¥78,000+税

[4] Fujikura Speeder 661 EvolutionⅢ カーボンシャフト※特注生産 1本(#1)メーカー希望小売価格 ¥78,000+税

[5] ATTAS PUNCH 6 カーボンシャフト※特注生産 1本(#1)メーカー希望小売価格 ¥78,000+税

シャフトは5種類選べます。BF60、EVOⅢ、ATTASは特注になります。SRIXON RXカーボンシャフトが一番安くスペック的も軽くてトルクも多いので純正仕様とも思えますが、標準仕様はMiyazaki Kaula MIZU 6のようでした。

ご丁寧にヘッドスピード対応表もありました。SRIXON RXカーボンシャフト以外はかなりハードですね。特注の3本のシャフトもハードヒッター向けですね。

スリクソンZ765ドライバー口コミ評価・試打レビュー

試打クラブはロフト9.5度、シャフトはMiyazaki Kaula MIZU 6のフレックスSRになります。

私は165cm、55kg、ドライバーヘッドスピード43m/s、ドライバー最大飛距離230ヤードくらい、スコア90~100のアベレージゴルファーです。そんな私のレビューです。

まず、グリップを持ってワッグルした感じ、けっこうズッシリ感があり、しなりが少ないです。このシャフト、重量58g、トルク3.4となっていて、フレックスがSRでも結構重量が有り、トルクが少なめのシャフトです。Z565と同じく真っ黒いクラウンにオレンジのシャフトが特徴的でシャフトの存在感が有ります。

構えてみました。Z565は460㏄のヘッドですが、Z765は445㏄です。その分小ぶりで、アスリートモデルって感じがします。キレイなクラウンが素敵です。

両モデルとも、余計な模様が全くなく、真っ黒く癖の無い丸形ヘッドです。最近の飛び系ドライバーは色々模様を施して狙いやすい効果を考えたものが多いですが、スリクソンは「余計な飾りはいりません!」というような硬派なイメージです。黒いクラウンとシルバーのフェースで境目が分かりやすくてフェースのど真ん中はここだよというのは解りやすいです。

打った感触は、Z565と似ています。低めの柔らかめの打感でバスーン!って音です。弾いてる感じはあまり無く、カン高い金属音もあまりないですね。低音で地味な打音が好みの方にはいいと思います。上手なアスリートゴルファーがこのドライバーでバスーン!と280ヤード位ぶっ飛ばしたら惚れてしまいますね。

飛距離は計測した中で一番いい数値は209ヤードでした。私には完全にオーバースペックです。低弾道で右にしか行きません。つかまった球がまったく打てず、ショップで少し恥ずかしい思いをしました。RXという軽くて柔らかめのシャフトの設定がありますが、このクラブを選ぶ人が選択するシャフトではないでしょう。

ヘッドはZ565よりシビアです。芯を外したときの打感はミスヒットそのもの。やさしさというのは考慮されていない上級者向けのアスリート向けであることは間違いないでしょう。

ヘッドスピード45~50位あって、弾道の上下、ドローフェードの打ち分けが出来る人でなければこのドライバーはなかなか使いこなせないのではないかと思いました。

沢山のドライバーを試打しましたが、一番ハードなアスリート向けドライバーでした。

にほんブログ村 ゴルフブログへ
スポンサーリンク
レクタングル大
レクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする