Callaway(キャロウェイ)GBB EPIC STAR フェアウェイウッド試打レビュー

200ヤードショットのクラブ探し。今回はキャロウェイのGBB EPIC STARフェアウェイウッドを試打しましたので口コミ評価レビューをします。

スポンサーリンク
レクタングル大

Callaway(キャロウェイ)GBB EPIC STAR フェアウェイウッド 口コミ評価・試打レビュー

キャロウェイのホームページより、GBB EPIC STARフェアウェイウッドの概要を調べました。

CallaWay(キャロウェイ)GBB EPIC STARフェアウェイウッドの概要

フェアウェイウッドにも禁断の飛距離を

超軽量トライアクシャル・カーボンクラウンで、最大限のやさしさを
GBB EPIC STAR フェアウェイウッドは、新開発トライアクシャル・カーボンをクラウンに採用。このカーボンクラウンは約5.8gとなっておりスチールクラウンに比べ約78%も軽量化。余剰重量をヘッド内に効率的に再分配し、劇的に慣性モーメントをアップ。高い打ち出し角で、とびきりやさしいフェアウェイウッドが完成。

スピード・ステップ テクノロジーでヘッドスピードもアップ
スピード・ステップのサイズ、流線型のヘッドに、航空宇宙学の専門家から直接助言を受け開発したキャロウェイ独自のスピード・ステップを搭載。空力性能が改善され、スイングスピードと飛距離が向上します。

第4世代のフェースカップテクノロジーで初速をアップ
第4世代のハイパースピードフェースカップでは、フェース内側周辺の薄くてたわみやすいリムが、インパクト時に効率良くしなりって、フェース全体で初速を向上させます。特に、ミスヒットしやすいフェース下部でも高いボール初速を生み出します。

オリジナル「Fujikura Speeder EVOLUTION for GBB」シャフト
スピード、パワー、フィール、コントロールを素晴らしいバランスで実現する、Fujikura Speeder EVOLUTION。

キャロウェイの気合が伝わってくるような最新テクノロジーが搭載されているようです。

3番15度、5番18度、7番21度の3種類がラインナップされています。

私は200ヤード打ちたいので5番辺りがねらい目になります。

シャフトはオリジナルシャフトのSpeeder EVOLUTION for GBBのSシャフトで51g、SRシャフトが48g、Rシャフトが46gとなっています。

ハードヒッター向けに、Speeder EVOLUTIONⅢ FW60が68g、Speeder EVOLUTION Ⅲ FW50が60.5gとなっており、5種類の純正シャフトから選択できます。

CallaWay(キャロウェイ)GBB EPIC STARフェアウェイウッドの口コミ評価・試打レビュー

試打クラブは5番ウッド18度、Speeder EVOLUTION Ⅲ FW50の60.5gシャフト装着使用です。

参考までに、私は165cm、55kg、ドライバーヘッドスピード43m/s、ドライバー飛距離230ヤード程度のアベレージゴルファーです。

ドライバーが300g台で52gのシャフトを使用している私にしては少しハードスペックかなとも思いましたが、ワッグルしてみるとそんなにハードな感じはしません。違和感なく振り抜けそうです。

構えた感じは自然な座りで癖が無いです。うっすら映るカーボン調のクラウンが今風でカッコいいです。

試打した中で一番良い数値だったのが、197ヤード、ヘッドスピード39.4m/sでした。弾道は真っすぐ高く上がっていきます。

ミスをミスにさせないクラブの易しさがあります。多少芯を外しても、若干飛距離が落ちて左右にブレるくらいで大きなミスにはなりにくいようです。

私のスプーンの普段使いは2014モデルのビッグバーサですが、試打クラブが5番ということを差し引いても、こちらの方が優しく打ちやすいように感じます。初速も速いです。

たわみやすいフェースカップが効いているのか、打感は柔らかめに感じる中にもシッカリとしたハジキ感があります。芯を食った時の感触は気持ちいいです。また、スピンも少なめのようで、まっすぐ強い弾道で球を上げやすいクラブです。

自分のスペックを考えると、50g台のシャフトが良いのかなとも思いましたが、60gのシャフトでも、その分シッカリ振れるので、合わせに行って合わなかったミスも無く、打ちやすい感じがしました。体力や体格でシャフトを選ばないで色々試した方が良いクラブに出会えるものだと思います。

初心者から上級者まで、満足できると思います。良いクラブでした。でも高い。。。