100切り練習 ドライバーを捕まえてOBを減らす

スポンサーリンク
レクタングル大

正しいフックグリップで握ると8割の人は球が捕まる

ただフックに握れば良いというのではなく、球を捕まえるためには、フェースをインパクトで真っすぐに戻す必要があります。それにはグリップの握り方にポイントがあります。自分のスイングで自然にまっすぐフェースが返ってくるように正しいフックグリップで握りましょう。

そうはいっても、いくらフックにグリップしても球が捕まらずに悩んでいるアマチュアゴルファーも多いはず。たしかに、グリップだけの問題でスライス撲滅して捕まった球が打てるわけではありませんが、グリップが間違っていると、100%球は捕まりません。

間違ったフックグリップではなく、正しいフックグリップにはいくつかのポイントがありますので、そのポイントを押さえて正しいフックグリップをマスターしましょう。

フックグリップ ポイント1

小指のふくらみはグリップの上に置く

左の掌の小指側のふくらみをグリップの上に置きます。グリップの上の肉がプニプニしていればOKです。正しく握れていれば、このプニプニした肉と左手の小指、薬指だけドライバーを持ち上げられます

フックグリップ ポイント2

親指の先が人差し指の第二関節よりも下に来る

ウィークに握った状態から、ただ単に握りを回転させただけでは正しいフックグリップにはなりません。人差し指の第二関節よりも親指の先が下に来ていれば、左手首に正しい角度がついたフックグリップとなり、フェースを返しやすくなります。握るときに左手の親指をぎゅっと伸ばして密着させる感じです。

フックグリップ ポイント3

左手小指がグリップと直角になる

握ったときに小指がグリップと直角に交わっていれば、小指側にグリップの隙間がなくちゃんと握れている状態です。ここがしっかりと握れていれば、インパクトでフェースが自然にスクエアに戻ってきます。小指がグリップに対して斜めになっていたり浮いていたりするとしっかり握れていません。

正しいフックグリップで握れば、ダウンからインパクトで手元を左に返しやすくなります。フェースがしっかりターンするため、ボールが捕まります。

ドライバーは左に振りぬいて球を捕まえる

ドライバーのヘッド軌道は円を描くように振り抜くのが正解です。丸く左に振りぬくことによってヘッドが自然と帰り、球がつかまります。

まっすぐ打ち出したいからと言って、ヘッドを直線的に動かすと、左脇が開いてフェースが返らないだけでなく、軌道も安定しないのでダフリ、トップ、テンプラも誘発します。

ダウンスイングからインパクトまでは右足体重

ダウンスイングは体重移動が重要になります。ダウンスイングからインパクトにかけて、まだ右足に体重を残すことによって、ヘッドは自然と円を描き、フェースも自然に返ります。

アマチュアでドライバーが当たらず100を切れない人はまっす飛ばしたい意識から、まっすぐテークバックしてまっすぐフォロースイングしようとしてしまいがちですが、このような直線的な軌道ではフェースは自然とは返ってきません。

右足体重でインパクトした後にフォロースルーの勢いで左に体重が乗ってこれば、きれいなスイングが出来上がります。これを意識してドライバーでドローボールを手に入れましょう!

ゴルフ練習器具 スイング矯正ベルト スライスのお悩み解決 スイング作りに最適

にほんブログ村 ゴルフブログへ
スポンサーリンク
レクタングル大
レクタングル大

いいね!

フォローする

↓スライスに悩む方にお勧め↓

↓何が何でも100を切りたい方にお勧め↓

↓パットが苦手な方にお勧め↓