タイトリスト(Titleist)TS1ドライバー 口コミ評価・試打レビュー

現在使用のコブラS2ドライバー。良いドライバーなんですが、最新のドライバーはもっと飛ぶのかな?ということで今回はタイトリストTS1ドライバーを試打してきました。

スポンサーリンク
レクタングル大

タイトリスト(Titleist)TS1ドライバー 口コミ評価・試打レビュー

EFFORTLESS. DISTANCE.
そのフルスピードは、想像を超える!
パワフル・ビッグドライブ。

ということです。

非力な私でもパワフルビッグドライブを実現できるでしょうか。

タイトリスト TS1ドライバーの概要

EFFORTLESS. DISTANCE.
そのフルスピードは、想像を超える!
パワフル・ビッグドライブ。

TS1ドライバーは、極限までスピードシャーシを軽量化し、クラブ全体でスピードアップを追求。ヘッドの初速だけでなくクラブスピードも最大化させ、プレーヤーのポテンシャルを引き出します。かつてない飛びを叶えるために―。想像を超えるパワフルドライブを実現します。

TS1ベネフィット
想像を超える飛距離性能
かつてないクラブスピードとボールスピード
高い許容性と驚きの直進ビックキャリー
振り抜ける爽快感。心地よい打感・打音

ロフトは9.5、10.5、12.5の3ラインナップですね。メンズで12.5度とは珍しいです。

グリップはド定番のツアーベルベットのM60ですね。私はこれが一番握りやすいと思います。

シャフトは2種類ああります。
ディアマナ50だとフレックスRが46g、SR48g、S50gです。
エアースピーダーはフレックスがRとSRでRが43g、SRが45gですね。これは非力orシニア向けのラインナップでしょうか。

タイトリスト(Titleist)TS1ドライバーの飛距離と口コミ評価・試打レビュー

今回試打したTS1ドライバーの詳細です。

シャフト ディアマナ50のフレックスS、ロフト10.5度です。

シャフト重量50g、クラブ重量275gとなっています。相当な軽量ドライバーですね。

上から見たらこんな感じです。

飾りっ気のない真っ黒なヘッドがタイトリストっぽくて好感が持てますね。

被り開きもなくスクエアで構えやすいです。

持った感じはやっぱり軽い!

私が今使っているコブラS2でも290g台なのでさらに軽く感じます。

ワッグルした感じは軽いわりにはしなりは少ない感じですね。軽硬いシャフトです。

素振りをしてみると、軽い分体の動きが分かりやすいですね。これはこれでいいかもです。

実際に打ってみたら、高弾道でややドロー。

従来のタイトリストのドライバーってやさしいと言いつつもどこかプレイヤーの力量を試すような難易度がありましたが、このTS1はひたすら易しく飛ばしやすいです。

つかまりは良いですが、つかまり過ぎず良い感じです。

ドローとフェードを打ち分けたい上級者には物足りたいドライバーでしょうが、スコア100前後、ヘッドスピード42くらいの私には抜群にマッチするドライバーです。

5球打って最長飛距離は239ヤード、某ゴル〇5の計測器がどこまで信ぴょう性があるのかは置いておいて、平均220ヤードくらいの私には十分ビックドライブですね。

値段も税込で5万円台とリーズナブルです。

本気で欲しいドライバーの1本が登場しましたね。