CallaWay(キャロウェイ)EPIC FLASH STARフェアウェイウッド 口コミ評価・試打レビュー

200~220ヤードくらい打てるクラブを探してます。多分私の場合5番ウッド当たりなのかなと思ってます。今回はキャロウェイの今年のモデルのエピックフラッシュスターフェアウェイウッドを試打してきましたのでレビューします。

スポンサーリンク
レクタングル大

キャロウェイ エピックフラッシュスター フェアウェイウッド 口コミ評価・試打レビュー

ソールの形はドライバーをそのままフェアウェイウッドにしたようなデザインです。今流行りのカチャカチャ調整機能はついていませんね。

エピックフラッシュスターFWの概要を公式ホームページから調べました。

CallaWay EPIC FLASH STARフェアウェイウッドの概要

AIから生まれたフェースデザインをフェアウェイウッドにも!フェースカップと融合した、想像を超える未体験の飛び。
「EPIC FLASH」シリーズのフェアウェイウッドも、ドライバー同様に、革新的なテクノロジーを搭載。人では考えつかなかった、AIによる「FLASH フェース」のアイデアをフェアウェイウッド用に設計しフェースカップと融合。加えて、ROGUE シリーズのフェアウェイウッドから導入されたJAILBREAK テクノロジーと組み合わせることで、驚異のボール初速を生み出します。また、T2C トライアクシャル・カーボンクラウンやノーマルホーゼルの採用により、高弾道をやさしく実現。「EPIC FLASH STAR フェアウェイウッド」は、幅広いゴルファーに“未知の飛び”をもたらします。

「FLASH フェース」を踏襲したフェースカップで速いボール初速を実現
「EPIC FLASH」シリーズのドライバーに採用された、「FLASH フェース」のアイデアを、フェアウェイウッドのフェースにも踏襲。キャロウェイが長く培ってきたフォージドカーペンター455スチールフェースカップの技術と融合させることで、フェース全体が高初速エリアとなり、驚異の飛距離性能を実現しています。

最新のフェースにJAILBREAK テクノロジーを融合
フェースの裏側には、ROGUE シリーズで初めてフェアウェイウッドに採用された“2本の柱”、JAILBREAK テクノロジーを、今回も搭載。最新のフェーステクノロジーと組み合わせることで、EPIC FLASH シリーズのフェアウェイウッドは、かつてないボール初速を生み出します。

トライアクシャル・カーボンクラウンも、さらにグレードアップ
クラウンには、GBB EPIC、ROGUEの両シリーズで採用されたトライアクシャル・カーボン素材を採用していますが、ここにも大きな進化が見られます。今回のものはT2Cという名前を持ち、カーボンの編み込みがさらに細かいものになっています。これにより強度、剛性を保ちながら、さらなる軽量化を達成。ヘッドの低重心化に大きく貢献し、従来よりさらにボールが上がりやすいものとなっています。また、EPIC FLASH STAR フェアウェイウッドは、従来のホーゼル(接着型)を採用することでヘッドの軽量化と低重心化にも寄与。振りやすく、ヘッドスピードを最大化することが可能で、ボールもやさしく上がるようになっています。

キャロウェイ EPIC FLASH STARフェアウェイウッドの飛距離と口コミ評価・試打レビュー

試打クラブは5番18度、Speeder EVOLUTION for CWのフレックスSです。

キャロウェイってグリップはコードグリップが多いイメージですが、エピックシリーズはラバーグリップですね。私は普通のラバーのほうがしっくりきます。

握った感じは軽いクラブですね。165cm、55kg、DRヘッドスピード43くらいの私でも、もう1ランク重めのシャフトでもいいかもしれません。

構えて上から見たらこんな感じです。

癖の無い丸形ですね。デザインもスッキリしてて、私的にはテーラー的なデザインよりもこちらの方が好みです。

飛距離は一番のナイスショットで209ヤードでした。私の飛距離を考えれば十分でしょうね。

弾道は中弾道でほぼドロー。持ち球通りの打球なので癖の無いヘッドに思われます。

ミスに関してもやさしいですね。コスらせても右に更け上がりません。スライス対策はばっちり施されているようです。右へのミスが多い方には強い味方ではないでしょうか。

違うシャフトを試したかったところですが、あいにくこれしか試打クラブがなかったようです。ゆったり振ってナイスショットがでます。もう少しシッカリ振ってちょうどいいシャフトが欲しいですね。

飛距離、やさしさ、いいフェアウェイウッドです。ピッタリ合うシャフトに巡り合えれば購入候補にあがります。