本間ゴルフ(HONMA)TW747-V TW747Vxアイアン 口コミ評価・試打レビュー

古ーいコブラのPRO-CBを使ってますが、新しいアイアンが欲しいです。ということで本間ゴルフのTW747VアイアンとTW747Vxを試打してみましたのでレビューします。

スポンサーリンク
レクタングル大

HONMA TW747Vアイアンの口コミ評価・試打レビュー

なかなかカッコいいアイアンですな。

本間ゴルフの公式サイトでTW747VアイアンとTW747Vxアイアンの概要を調べました。

HONMA TW747-Vアイアンの概要

コントロールして最高の打感で飛ばす。THE軟鉄一体鍛造アイアン!

重心距離による操作性・つかまりアップ×小ぶりヘッドならではの抜けの良さ=打感良

7番で32度なので最近のアイアンでは飛び系よりも操作性、初心者よりも中・上級者向けですね。

シャフトはスチールのAMT TOUR WHITEとカーボンのVIZARD IB-FW100という純正シャフトが用意されています。

HONMA TW747-Vxアイアンの概要

マイルドな打感と直進安定性

重心距離による直進安定性アップ×深重心&FP少によるつかまりの良さ=軟鉄一体鍛造 THE飛び系アイアン

10gのタングステンをトゥ側へ配置(#3~8)重心距離を増大

S20Cを使用した一体鍛造製法。プロ好みの打感、打音を提供。

FP(フェースプログレッション)を少なく、深重心化との相乗効果によりつかまりの良さを追求。

ネックを3mmショートネック化(前モデル比)低重心化を図る。

7番でロフト30度。今流行りのストロングネックですね。

シャフトは純正のVIZARD IB-WFとN.S.PRO MODUS3 FOR T/WORLDの2種類があります。

本間ゴルフTW747VとTW747Vxの比較打ち比べ、飛距離と口コミ評価・試打レビュー

さて。良く見ないと違いがよく分からないこの2本のアイアンですが、両方とも軟鉄鍛造で小顔、カッコいいアイアンです。

まずはTW747Vから試打しました。

試打クラブは7番32度、シャフトはAMT TOUR WHITEのフレックスS200、重量114gのシャフトです。

普段のアイアンがNS1050の私にはちと重めですね。しかも私はスイングテンポがスローなので軽いシャフトが合うらしいです。

かまえたらこんな感じ

小顔でトップラインも薄く、グースもあまりありませんね。私好みのアイアンなんですが腕がついていかなそうです。カッコいいですよ。

打った打感は芯を食えば素晴らしいですが、外すと気持ち悪い感触がのこります。飛距離ロスも大きいですね。

ナイスショットの飛距離が153ヤードで中弾道、ちょっとミスって138ヤードってところです。100叩きの私には完全にオーバースペックですね。

次にTW747Vxを試打しました。

7番30度、シャフトはモーダス3のフレックスSシャフト重量106.5gだそうです。

握った感触は今使用しているアイアンに近いですね。シャフト重量ほぼ同じだからでしょう。

上から見たらこんな感じ

正直、VとVxの違いはヘッド的にはよくわかりません。気持ーちVxのほうがトップラインが厚く見えるでしょうか。

公式サイトにはこんな風に紹介されています。

Vxの方が、キャビティが肉厚なんですね。

実際に打ってみました。

打感はパシュっと柔らかい素晴らしい打感です。本当に芯を食った時の感覚では747Vの方が柔らかいかな。でも、比べてみないと気づかないレベルです。私にはね。

ロフトが2度立っている分飛距離も伸びます。

ナイスショットで162ヤード。シャフトもドライバーHSが43くらいの私にはモーダス3の105gあたりが合っているようでロフトが立っているにも関わらず、Vxの方が高さが出ます。

ミスの許容はVxの方がやや上。少し芯を外しても150~155ヤードくらいに収まります。

かっこいいし良いアイアンですね。私のレベルでは間違いなくTW747Vxの方が幸せになれそうですが、80台あたりの上級者はTW747Vの操作性とすんばらしい打感を求めるのかな~と思いました。

最近の本間ゴルフのクラブカッコいいですよね。高いけど・・・。

にほんブログ村 ゴルフブログへ
スポンサーリンク
レクタングル大
レクタングル大

いいね!

フォローする

↓スライスに悩む方にお勧め↓

↓何が何でも100を切りたい方にお勧め↓

↓パットが苦手な方にお勧め↓