PING(ピン)G410クロスオーバー 口コミ評価・試打レビュー

180ヤード~200ヤードのクラブ探し。ラウンドでフェアウェイウッドが苦手な私はユーティリティを探しております。フェアウェイウッドが打てるようになれば良いんですが。というわけで、今回はピンのG410クロスオーバーを試打してきましたのでレビューします。

スポンサーリンク
レクタングル大

PING(ピン)G410クロスオーバー(CROSSOVER)の口コミ評価試打レビュー

ピンで言うクロスオーバーとはアイアン型のユーティリティですね。これを使いこなしたらロングアイアンを使いこなしているようでカッコいいですね。

PINGの公式サイトからG410クロスオーバーの概要を調べました。

PING(ピン)G410クロスオーバーの概要

強弾道で狙えるシャープな中空ヘッド さらに、飛びをPLUS。G410 CROSSOVER

テクノロジー

極薄・高強度のマレージングC300フェースと中空構造の組合せが、最大のたわみと飛距離を生み出す。 初速が上がり、強弾道でピンをデッドに狙えます。

シャープな形状へと進化したヘッドのトゥ側には、前作比約1.5倍の重さの高比重タングステン・ウェイトを搭載。ミスにも強く、ブレないショットを実現します。(前作比 / 当社調べ)

心地よい打球音を生み出す新サウンドリブをヘッド内部に搭載

約20%幅が狭い抜けの良いソール形状

番手は2番17度、3番20度、4番23度の3種類がラインナップされていますね。

シャフトもたくさん選べます。

スチール派、カーボン派、重いの好き、軽いの好きで自由に選べますね。トルクとかキックポイントとか言われると私にはちょっとわかりません。

PING(ピン)G410クロスオーバー 飛距離と口コミ評価・試打レビュー

今回試打したクラブは3番20度のシャフトがPING ALTA CB REDのフレックスS、重量60g、トルク3.4になります。

直前に試打したG410ハイブリッドと同じシャフトなのでクロスオーバーとハイブリッドの違いが分かりやすいですね。

関連記事PING(ピン)G410ハイブリッド(ユーティリティ)口コミ評価・試打レビュー

グリップを握ってワッグルした感じはアイアンそのものです。このヘッドにこのシャフトは柔らかめかな。もう少しシッカリしていたほうが打ち易そうな気がします。

でも私は軽いシャフトのほうが合うようなのでこれでいいのでしょう。

構えて上から見たらこんな感じです。

ユーティリティの割にはシャープですね。ヘッド自体もゴテゴテしてなくてシンプルなので私はこういうの好きです。

実際に打ってみると思いのほか打感が良いです。簡単でやさしいアイアンを売っているような感覚です。ユーティリティなので上からがっつり撃ち込まなくても球は上がりますね。

飛距離は計測器で一番いい数値で195ヤード。割と高弾道で持ち球通りのドローです。飛距離性能だけでいけばもっと飛ぶクラブはたくさんあるんでしょうが安定性は抜群ですね。

私は100叩きのアマチュアなのでけっこうトップとかあるんですが、多少トップしても物凄い低弾道で180ヤード以上飛んで行きます。これ結構いいんじゃないかな。

ミスにも強く、ウッド型のG410ハイブリッドよりも寛容に感じました。さすがにアイアン型なので芯を外したときの違和感は伝わりますが、私個人的には飛距離以外ではハイブリッドよりクロスオーバーの方が扱いやすいように感じました。

ウッドが得意な人はハイブリッド、アイアンが得意な人はクロスオーバーで決まりですね。

自分の腕の問題ですが、スイングの再現性が上がってきたら凄くアリなユーティリティだと思いました。候補にあがります。

にほんブログ村 ゴルフブログへ
スポンサーリンク
レクタングル大
レクタングル大

いいね!

フォローする

↓スライスに悩む方にお勧め↓

↓何が何でも100を切りたい方にお勧め↓

↓パットが苦手な方にお勧め↓