パター練習に最適【レーザーコーチパッティング】口コミ評価・レビュー

家の練習マットでは100発100中でもラウンドで真っすぐのショートパットを無駄に外してしまう。そんなこと100叩きの私達にはたくさんありますよね。そんなパットが不安定な方にお勧めの練習器具を発見しました。

スポンサーリンク
レクタングル大

真っ直ぐ引いて真っすぐ打てるパター練習器具【レーザーコーチパッティング】

ショートパットを外す原因は簡単。真っすぐ打てないからですよね。

強い目とかがあって打った瞬間「入る!」って思ったのにカップ寸前で切れて入らないのはやられたと思いますが、打った瞬間に「あ~外したぁ~」っていうの多くありませんか?それは真っすぐ打ててないからなんですよね。

レーザーコーチパッティングの概要

参照元:https://greenon.jp/lasercoach/

伊東一樹プロ
姉ヶ崎カントリー倶楽部 所属
ヘッドを30-40cm 位しか動かさないショートパットは、ヘッドが真っ直ぐ向いているかどうかが結果に直結します。『レーザーコーチパッティング』は、アライメントの確認が簡単に出来るので、パッティングの練習に大変役立っています。レーザー光を真っ直ぐ動かすよう意識する事で、理想的なインサイドインのストロークが身につきます。
例えばフェースローテーションが大きいと、テイクバックの時にレーザー光が右を向いてしまい、フォロースルーの時に返しすぎると左を向いてしまう。また、ヘッドを真っ直ぐ動かしすぎた場合は、テイクバックの時にレーザー光が左を向いて、フォロースルーの時に右を向いてしまう。そうしたストローク時の重要なポイントを、自分の目で確認しながら練習できるので、本当に良い練習器具だと思います。

プロ選手もパット練習に活用しています。

・有村智恵プロ
レーザーコーチ パッティングなら、傾斜地でも真っすぐ打ち出す際のラインが見えるので、平らな場所を探さなくてもいいですし、持ち運びも便利です!

・佐伯三貴プロ

・永井花奈プロ

・サタヤプロ

・フェ―ビー・ヤオプロ

レーザーコーチパッティングの使用レビュー

シャフトに取り付けると、レーザーが照射され、緑色のラインが見えます。

このラインを目標に向けて真っ直ぐ引いて真っすぐ打つ練習がすごく効果的です。

今ままでの私のパッティングだと、真っ直ぐ引いてるつもりがテークバックで開いていたことが分かりました。

それをインパクトで真っすぐに戻そうとするから方向が不安定なんですね。

実際のラウンドで打った瞬間に「方向が違-う!」って叫びたくなる時はこういう時だったんだと理解しました。

このレーザーコーチパッティングを使用すると、テークバックでパターが開いたり閉じたりすると、レーザーのラインがズレるのですぐに分かります。

腕は使わず、肩の動きでパターを動かせば真っすぐ引いて真っすぐ出せるんですね。

それが良くわかりました。

ラウンド中にパターに着けるのは反則でしょうが、練習には凄く効果的なパット練習器具です。