ゴルフスイング練習器具【フレループ】

本番ラウンドに行ってドライバーは当たるけど、アイアンが当たらない。また、アイアンは当たるけどドライバーが当たらない。そんな時ってありませんか?

練習でも、本番のショットの素振りでも、ちゃんとスイングチェックできる練習器具を発見しました。

スポンサーリンク
レクタングル大

お勧めゴルフスイング練習器具【フレループ】の紹介

マーク金井さんもおすすめフレループ

ゴルフスイング練習器具FURE LOOP【フレループ】の概要

参照元:リンクスホームページ
https://lynx-golf.jp/contents/fureloop/

正しいスイングをカラダにしみ込ませる!カーブ型スイング練習器!!

輪(ループ)の一部のような曲線形状のシャフトが特徴的な
実用新案取得済みのスイング練習器「FURELOOP(フレループ)」。
ブルー・グリーン・イエロー・オレンジ・レッドの5色をご用意。
熱血!!ゴルフ塾! の小林プロ発案・監修の、
自然と正しいスイングが身につく画期的なスイング練習器です。

間違ったスイングをすると握った手に違和感を感じます。
間違った方向へスイングしても握った手に違和感を感じます。

通常のクラブはローテーションが小さいので、スイングプレーンからズレた間違ったスイングでも勢いで振れてしまいます。
クラブローテーションが大きいフレループは、スイング時に遠心力で慣性モーメントが多く発生するため、
スイングプレーンからズレると違和感を感じやすいのです。

実例1
カット打ちのゴルファーがフレループを振るとシャフトが寝ることが分かる。→フォロースイングがしにくい。
フレループで練習すると、フォロースイングで肘がたためるようになる。結果としてカット打ちが治った。

実例2
手打ちのゴルファーがフレループを振るとクラブローテーションの負荷が掛かり、連続してスイングできない。
フレループで練習すると、肩の回し方、腕の上げ方、手首の使い方が分かる。結果として手打ちが治った。

様々なスイングのクセに対応するスグレモノ!
● 練習のコツ ●
グリップをギュッと強く握るより、脱力してテイクバックからフォロースイング、フィニッシュまで何度も連続して、大きな円を描くつもりでスイングしてみて下さい。オンプレーンが体感出来ます。

ゴルフスイング練習器具【フレループ】効果と評価レビュー

それでは実際に練習場で振ってみました。

いつも通りに振ってみると違和感ありまくり。トップでも切り返しでもインパクトゾーンでもフィニッシュでも。

腕や体に抵抗が無いように脱力して振ると正しいスイングだとのことなので、何度か脱力高速素振りでぶんぶん振ってると腕に違和感なく振れるようになってきます。

この感じを覚えておきながらフルスイング。

おお。脱力したまま違和感なく振り切れました。たぶんこれで正しいスイングなんでしょう。

それから何度振っても違和感なく振れるまで素振り。うん。覚えた。

この感覚でドライバーを振ってみました。

ナイスショーット!まーっすぐ飛距離も伸びてますね。

ではアイアンも。良い球です。やっぱり脱力した方が方向性も飛距離も安定しますね。

これ、いい練習器具です。体に違和感なく正しいスイングが簡単に覚えられます。

ラウンドの本番ティーショット前の素振りにも良いですね。キャディバックにしっかり収まる形してます。仲間からも「なにそれ。なにそれ。」っていう反応間違いなし。

正しいスイングを一人で覚えられる練習器具【フレループ】の紹介でした。