カイトアンドフォックスカントリークラブラウンド日記(北海道)

昨日は20年来の友人と北海道当別町にあるカイトアンドフォックスカントリークラブに2サムで行ってきました。

実際に合うのも久しぶりの3歳年上の親友です。彼、ゴルフは初心者で、今日は練習度モードで気軽に行けるゴルフ場と言うことでカイトアンドフォックスにしました。

スポンサーリンク
レクタングル大

カイトアンドフォックスカントリークラブラウンドレビュー(北海道)

ここは私がゴルフを始めた時、よく練習に連れてきてもらったゴルフ場です。当時はメイフラワーというゴルフ場でした。

北海道のゴルフ場って不況のあおりでどんどんゴルフ場が買収されて頻繁に名前がかわるんですよね。

ここ20年で北海道のゴルフ場の半分くらいは名前が変わっているんではないでしょうか。

そしてここ、カイトアンドフォックスの良いところ!

安い!

平日2バックプレーでプレー代が2500円!

打ちっ放しで200発打つより、実際にラウンドした方がずっと練習になりますよね。

当日、コースに行く前は雨。天気予報は曇りのち晴れ。でも札幌は雨。雨。雨。

ちょっとこれでゴルフは嫌だなーって思うくらいの雨。

しかーし。コースに到着するころにはすっかり晴れ。ゴルフ晴れ男を自称する私の力が働いたのでしょうか。

クラブハウスなんて立派な物はプレハブに毛の生えたような建物です。

クラブハウスに車を付けたらキャディバッグを下ろしてくれるなんてサービスなんてもちろんありません。

でも、カートにキャディバッグを積んでくれるサービスはありました。

さて、準備万端。いざラウンドへGo!

意気揚々とカートを走らせます。うん。カートのエンジンも元気よく回っているようです。

前半はノースから。後半はウエスト。北9ホール、西9ホールで18ホールのゴルフ場です。

クラブハウスからノース1番ホールまでの道のり。超絶下り坂、アスファルトは凸凹、さっきまでの雨でカート道は水たまりだらけ。正直「ここカート走らせていいの?」ってくらいの絶叫コースでした。

フルブレーキングと熱いハンドル捌きでなんとか辿り着いた1番ホール。

プレー代を考え、今の時期を考えるとひっでーコースなのかなーと思ってたんですが、これが意外とちゃんとしたゴルフ場。緑が綺麗。なーに。いいゴルフ場じゃない。

これはゴルフ場の所為ではありませんが、フェアウェーのほとんどがカジュアルウォーターハザード状態。ボールを動かす場所がありません。しょうがないから、最低限打ち易いところにリプレースしてショット。

ライが水って凄い打つの難しいんですね。アイアンがまともに当たりませんぞ。全部ダフってるような感覚。

二人で水しぶきを上げながらやっとたどり着いたグリーン。芝も綺麗でいいゴルフ場じゃない。そう思ったのも束の間。

1パット目。ん?なんか打ち損じた?大ショート。友人も。

重い。重すぎる。ボールに急ブレーキがかかる。普段の5割増しでパットして良い距離間です。

そうこうしながらもワイワイ楽しくラウンド。山岳コース。コースが狭い。ボールが無くなる無くなる。

山岳コース特有のこんなの超絶谷越えも2ホールありましたよ。

1個目の谷越えはなんとかクリア。2個目はお約束のプレーイング4ね。

スタート時間は13:00、日没は16:50。スタート前に「16:50になったらもどってきてねー」とおじさん。

ハーフ2時間切るペースで回らなければホールアウトできない時間とのプレッシャー。刻々と暗くなっていく世界。

後半の5ホールくらい、西日に照らされて私愛用のイエローボールがとっても見えない状況になってしまいました。

ロストボールもどんどん数が増えて、手持ちのボールが減っていきます。

「これ、日没サスペンデッドでなくて、二人ともボール無くなって涙の途中リタイヤもあるんじゃね?」

そんな会話をしながらコースを進むと、誰かが見つけられなかったロストボール発見!

なんかスーパーマリオで緑のキノコ採ったときの感じ。ピロリん!1UP!そんなこんなで16:30になんとかホールアウト。

超絶重たいグリーンのお陰でパット数45!ショートパット外し過ぎ!届かなすぎ!

スコアは・・・・。聞かないで下さいorz。初心者の友人とあんまりスコア変わりません。

その後、友人と近所の居酒屋へ。懐かしい話から最近の話まで、面白い話をたくさんしました。

コスパ最高のカイトアンドフォックス。「多少コースがアレでもゴルフ楽しめればいいよー」って人には最高のゴルフ場です。ホールアウトするころにはカートが焦げ臭くなってましたがね。

にほんブログ村 ゴルフブログへ
スポンサーリンク
レクタングル大
レクタングル大

いいね!

フォローする

↓スライスに悩む方にお勧め↓

↓何が何でも100を切りたい方にお勧め↓

↓パットが苦手な方にお勧め↓