ダイヤ(DAIYA) ゴルフ練習器 アプローチ名人 TR-410

ゴルフのスコアって、アプローチの精度とパット数で凄く縮められると思いませんか?自宅でアプローチの練習が出来たらなぁ。私がそんなことを考えていたら、ありました。そんな練習器具が。その名も【ダイヤ(DAIYA) ゴルフ練習器 アプローチ名人(PAT) ゴルフ練習器TR-410】

スポンサーリンク
レクタングル大

ダイヤ(DAIYA)ゴルフ練習機 アプローチ名人 TR-410の紹介

寄せワンでパー。スコアアップにアプローチの精度は欠かせませんよね。ゴルフをやったことがある人なら誰でもそう思うでしょう。

これは家族の理解とある程度のお部屋の広さが必要ですが、家の中でアプローチの感覚が掴める優れものです。

練習場でもアプローチの練習は出来ますよね。でも1発10円とかします。

アプローチの練習をひたすらやってたらあっという間に100球とか打っちゃいますよね。

フルスイングと違って、1球のスイングが早いし、打ったボールが落ちるのも早いし、ボールが出てくるテンポも早くなる。

集中してアプローチの練習を練習場でやっていると、あっという間にカードを使い切ってしまいます。

そこでこのアプローチ名人の出番です。

家の中、まぁ、庭があれば外でも十分使えますが、アプローチの距離感は鍛えられなくても、アプローチショットの高さの精度を上げることができます。

的はこんな感じになってます。

高さ120cmあります。これに向かってアプローチの練習をすると、アプローチショットの球筋の打ち分けを鍛えることができます。

高い球で止めたいとき、低い球でランニングを出したいとき、そんなアプローチショットの打ち方を自宅でひたすら研究できるという優れものです。

しかも、的を外すと事故に繋がるので、自宅のパター練習にありがちな、集中力が無くただ漠然と練習し続けるということもありません。

万が一、この的を外すとボールが室内の壁に当たり、最悪家財道具に傷が付くという事故が発生する可能性があります。

ということは、「絶対に外せない」というプレッシャーを常に感じながら自宅で本番さながらの練習が出来ると言うことです。

これでアプローチの高さの打ち分けを鍛えてから、練習場に行って高さを打ち分けながら飛距離の打ち分けを鍛えると格段にアプローチの精度が上がると思いませんか?

これ買おうとしたら「どこにこんなもん置くのさ。」という家族からのツッコミもあるかもしれませんが、ゴルフ愛好家としては、パターマットの隣にこれがあると、なんかゴルフゴルフした落ち着く空間が出来上がります。

自宅にこれがあればテンション上がりますよね。これをパターマットの隣に置いて、ゴルフ部屋を作るべく、現在家族を説得中です。

にほんブログ村 ゴルフブログへ
スポンサーリンク
レクタングル大
レクタングル大

いいね!

フォローする