キャロウェイ EPIC STAR ユーティリティ 飛距離と口コミ評価・試打レビュー

180ヤードショットのクラブ探し。ちょうどないんですよ。この距離打てるクラブが。今回はキャロウェイのエピックスターユーティリティを試打してきましたのでレビューします。

スポンサーリンク
レクタングル大

キャロウェイ EPICスター ユーティリティ 飛距離と口コミ評価・試打レビュー

今評判のエピックシリーズのユーティリティです。

キャロウェイ エピックスター ユーティリティーの概要

キャロウェイ公式ホームページからEPICSTARユーティリティの概要を調べました。
参照元:https://www.callawaygolf.jp/products/クラブ/ユーティリティ/hybrids-2017-epic-star-jv.html

ユーティリティにも、禁断の飛距離を
「EPIC STAR ユーティリティ」も、「EPIC STAR アイアン」同様に、キャロウェイの最新技術がふんだんに盛り込まれた、“とてつもない”ユーティリティです。クラウンには、キャロウェイのユーティリティで初めて、トライアクシャル・カーボンクラウンを搭載。この驚異の軽さから生まれた多くの余剰重量は、タングステン・インナーウェイトに姿を変えて、重心位置の最適化に貢献しています。また、次世代ハイパースピード フェースカップや、ステンレスの高強度ボディを採用することで、高いボール初速、低スピン、高慣性モーメントを実現。ユーティリティでも、禁断の飛びをやさしく手にすることが可能になりました。

キャロウェイ EPICSTARユーティリティ試打レビュー

ロフト設定は4番20度、5番23度、6番26度、7番29度の4種類です。

シャフトはSpeeder EVOLUTION for EPIC(S/SR/R)カーボンシャフトとN.S.PRO Zelos 7 Hybrid(S)スチールシャフトが選択できます。

試打クラブは5番23度、カーボンシャフトのフレックスSです。シャフト重量65g、クラブ重量343gです。

キャディバッグに5番アイアン入っているのに5番ユーティリティが入っているのってなんかアレですね。ロフトの問題ですからしょうがないですね。欲しいのは22~24度くらいのユーティリティなんで。

グリップを握ってワッグルフルフルすると結構しっかりした感じがします。

構えてみるとこんな感じ。

実際に構えるとなんかフェースが閉じてるように感じます。この画像もそんな感じしませんか?構えるとなんか引っ掛けそうなんです。

なので、ちょっと開いて構えて打ってみました。見事などスライスが出ましたよ。

だから、閉じてるの?って感じるくらいで構えて丁度良いんでしょう。

なかなかナイスショットが出ません。試打コーナーでこれやると焦るんですよね。

出ましたナイスショット。高弾道ですね。カーボンシャフトが効いてますね。ハイドローで188ヤード。ヘッドスピード42~43位の小柄非力アマチュアゴルファーには十分な飛距離です。

打感は良いですよ。シュパ!ってなります。金属系のカン音ではありません。低めに抑えられた上品な打音で柔らかいです。芯を外しても飛距離は結構飛びます。10%ダウン位ですみます。やさしい良いユーティリティですね。なぜか、ナイスショット率が低いので私と相性は悪いかもしれません。100%私のスイングの所為なんですがね。